長所が短所になる原因は「むり・ムリ・無理」です。長所を活かす考えとは?

スポンサーリンク

アナタの周辺に何に対しても「無理」という言葉を使い、何もしないうえに、結果が出ていない人はいないだろうか?

世の中、様々な人がいるがその様な考えを持つ人は人生の50%を損しているのは事実かもしれない。

ではなぜその人は「無理」と決めつけて行動しないのか、どうすれば変わるのかを考えていきましょう。

今回のテーマは『否定を可能に変える』です。

無理」と決めつけた先にはどんな事へも立ち向かえない自分が待ち受けているコトを忘れないようにするべきです。

スポンサーリンク

短所に素直になると長所を活かすことができなくなる

人には無限の可能性がある

しかしその可能性を魅力に感じず、何もしないで人生を終えていく人はこの世の中に山のようにいます。

自分自身と照らし合わしてみたらどうだろうか?何に対しても「NO」と言わず進んで行動を起こす人間か、または何に対しても「NO」の一点張りか・・・

明らかに後者のほうがダメな気がしないだろうか?

ではなぜ、人は「無理」「NO」という考えが先行するのだろう?

  • 責任を負いたくない
  • 自分の時間がなくなる。やりたい事が出来なくなる
  • 単に関わるのが面倒くさい

だいたいこの3つが理由になります。

基本的に「欲」を満たすために生きている人にとってこの3つはかなりのストレスになる。

責任を負う」という事は、もし何かあったら自分の責任になり嫌な気持ちになる可能性が高いから。

自分の時間がなくなる」とは自分だけの生活リズムが狂うのでストレスを抱える原因になるから。

面倒くさい」これに関しては解決策がある、単純に報酬を払うか期待という魔法をかけてあげる事だ。

スポンサーリンク

短所の原因を認めて長所を活かす考えをもった先にどんな自分が待っているのか?

人には「短所・長所」がある。

この言葉を聞けばなんとなくわかった人もいると思うが、

「NO」「無理」をつき通した先に長所のある人間は出来上がらない。

「YES」をつき通した先には長所だらけの人間が出来上がる。

アナタはどちら側の人間だろうか?

ある時、人に聞かれることがあるかもしれない、「アナタの長所・短所はなに?」と、

その時アナタは自信を持って答えられますか?

まさに長所・短所とは他人がアナタ自身を判断する材料の1つになるのだ。

それにこういうことを聞かれる場面ではほとんどが初対面のことが多いし、そんな時にスムーズに答えられるかどうかも印象に残る。

何事にも挑戦し、それが自分の能力になる。これを繰り返す事により得意な事がドンドン増え続け、「長所」が生まれる。

逆に何事にも「NO」と答えていると、それが「短所」になり、挙げ句の果てに周りの人達から何も言われない存在になってしまう。これは言い換えると『孤独』だ。

人は『孤独』に勝てない生き物だし、孤独に慣れてしまうと誰も寄せ付けなくなってしまう生き物でもある。

そうならない為にも「長所」を沢山生み、短所がなくなるよう、心がける必要があります
とはいえ、何でもかんでも「YES」と言って受け入れていては心身共にもたないだろう。

前向きに取り組んでいる人には必ず人が集まってくるし、手伝ってくれる人は必ずいるはずなので期待せず待つ事です。

スポンサーリンク

短所の原因をモチベーション維持という長所を活かして解決する

モチベーションとは人生において必要不可欠なもの


モチベーションが低ければ、成果も低い、モチベーションが高ければ成果は高くなるだろう。

ではモチベーションを維持(上げ続ける)にはどうしたらいいのだろうか?

1番簡単な方法は「目標」設定だ。

できるだけ明確に目標設定をする事でこれから自分が進んでいく道が見えてくる。

その道から外れないように、時には少し戻り確認し、また進む、この繰り返しを最後までやり遂げる。

やはり人はゴール地点を明確に決めておかないと、迷ってしまいその結果、モチベーションの低下へと繋がるのだ。

最期まで自分1人でやり遂げられる人は1人もいない。

必ず誰かしらの助けや、支えがあってこそ成し遂げられる。

モチベーションを維持するにはどうすればいいか、その答えが理解できたアナタは「長所」に「モチベーションの維持」が加わるでしょう。

スポンサーリンク

長所も短所も活かして「YESマン」になろう

昔「イエスマン」という映画があった。

初めは何に対しても「NO」、あることから何に対しても「YES」と答えるようになった。その結果、幸せな人生を送れた・・・。

今回のテーマの「否定を可能に変える」というものは、こんな映画が制作されるくらい人生において重要なことなのだ。

「否定を可能に変える=短所を長所に変える」

コメント