人生の分岐点!不安なく30代の転職を成功する方法とは?

スポンサーリンク

終身雇用もなくなってしまい年金すら確実に受け取れるかわからなくなっているこの世の中で、ついに国が「老後の為に夫婦で2000万円は貯めておくように」と豪語し始めました・・・
(2019年6月11日に国は2000万円の件を報告書から消しました・・・なんじゃそら・・・)


そんな状況の中で30代という年代は分岐点といってもおかしくない年齢です


20代で今の仕事に慣れて多少出世しているかもしれませんが、この先何十年後を見据えた時に「今の仕事で大丈夫なのか?」と30代になると誰だって考え、不安になるものです。


転職で最初に浮かぶもの、それは「35歳限界論」ですが、30代の転職は難しいというイメージが強くあるようです。もし30代の転職で失敗してしまうと自分も家族も路頭に迷わせてしまう可能性が高くなります。


ですが、転職といっても未経験で無資格の場合どうすればいいのかを調べている人も少なくないのではないでしょうか?


今回の記事では30代の転職に何が必要なのか

「経験?」か「資格?」か・・・
そして30代の転職においてのメリット・デメリットはどのようなことなのか・・・
転職しようとしている企業はどのような人材を求めているのか・・・
そして何より自分が求めている将来にするにはどう行動すればいいのか・・・


30代の転職という大事な分岐点を絶対に失敗しないようにしましょう。

先にまとめてしまうと
30代の転職は正解です
ただし大手に勤めている方は転職先と現状を比べる必要がありますが、
それ以外の職場なら確実にいい方向に進むはずです。

スポンサーリンク

30代の転職をしていく上で知っておきたいこと⬇️

スポンサーリンク

30代の転職でのメリット・デメリット

30代で転職することは一種の人生の選択といってもいいでしょう。
ですが、全て自分のステップアップという考えで転職するより、今、勤めている会社よりも会社の質を高めるための転職を目的にしましょう。


今の会社に対して不満が大きければ大きいほど転職に対していいイメージばかりが先行してしまいますが、転職全てがいい結果になるとは限りません。
転職に関して「キャリアアップや収入アップでの大きなメリット」「デメリットというリスク」があることは理解しておくべきことです。


ここでは30代の転職でおきるメリット・デメリットをまとめています。

30代で転職するメリット

30代で転職するメリットは「20代の経験を活かし、キャリアアップが出来ること」になります。


マネジメント能力や即戦力性を活かせる転職先が1番望ましいですが、まれにヘッドハンティングされるケースもなくはないので、その場合年収アップは確実と思われます。


転職は「やり直し」「ゼロからの始まり」ではなく、これまで仕事や人間関係を経験し培ってきた人脈や知識を転職先で最大限に活かせる可能性があります。
転職先に自分なりの会社に対しての有益な情報や行動力が「あなたにしかできない仕事」を生み出してくれるかもしれません。

30代で転職するデメリット

基本的に「やる気や熱意」の20代とは違い、会社勤めの人の30代とは社員教育が終わっており、逆に社員を育てる立場になっていることが多い年代なだけでなく、若かりし頃の「素直さ」が欠如しているという印象を与えてしまい、採用されることが少ないのが現状です。


もし望んでいる転職先に決まったとしても、望んでいない部署や希望している職種につけないケースも当たり前のようにあります。


転職するにあたって「給料は交渉によって決まる」ケースが多いですが、
おそらく、前職より給料は少なくなることを頭に入れておきましょう。


ここからは企業が30代の転職者に対して「資格」を必要としているのかを説明してしきます。

スポンサーリンク

30代の転職で資格は必須か?

30代の転職者には「資格がいるのか」どうか・・・


結果から言うと「職種による」が正解です。

ですが企業が30代転職者に何より求めていることは「持っている資格」より「何をどこまで出来るか」といったスキルを求めています。
30代とは基本的に部下を束ね、指導していくことが多い為、統合力や問題が起きた時への解決力、もしくは語学力などが求められているでしょう。


資格は確かに転職する時かなり有効な武器になりますが、100%その資格だけで通用するほど転職は甘くありません。
国家資格を持っている場合は専門の職種に対してなら絶対的に必要なモノではあり、最大の武器になるでしょう。
持っている資格が民間の資格の場合、中途採用を行なっている企業のニーズにはつながることはほとんどないと思っておくべくです。


中には資格をたくさんもっている人がいますが、それはあくまで自己満に過ぎませんし、転職しようとしている企業に対して合わない資格がないと結局ダメになるケースが多くなります。

資格をたくさん取るために頑張りました・・・」程度のアピールではあまり意味がないということです。


次は、企業が30代の転職者に求めるスキルと人間力とはどのようなモノなのかを説明していきます。

スポンサーリンク

企業が30代転職者に求めるスキルと人間力の中身

一般的に30代というと役職もつき、ある程度さまざまな経験を積み、自信もついてきている頃と思います。


企業が30代転職者に求めるモノとして今まで経験してきたことと、スキル、人間力を期待しています。
自分が今まで築き上げてきた「経験・スキル・人間力」を理解していないまま転職を始めると企業側との求めているギャップで転職がうまくいかないなんて事も当たり前のようにあります。


ちなみに、「人間力」とは言いかえれば「統合性(マネジメント力)」のことをいい、「スキル」とは「即戦力」のことをいいます。


では、ここからは企業が求めるスキル(即戦力)や人間力(統合力)とはどのようなモノなのかを説明していきます。

30代の転職者に必要な「統合力」と「即戦力」

30代転職者に対して企業側は「今までの経験から業績をあげられるのか?これまでどんな業務につき、どんな功績をあげてきたのか?」を重視して採用か不採用を決めるのが流れになります。


統合力」では部下や人をまとめることができるのか、
即戦力」ではすぐにでも働ける人材かどうかを判断の基準にしているのでここが1番のポイントであることを認識しておくといいでしょう。

統合力

統合力」とは企業側が30代の転職者に対して求める1つの能力です。


簡単に説明すると、「人をまとめる能力」ということです。
人をまとめることができるかどうかで立場は全くといっていいほど変わるでしょうし、会社での立ち位置も180度かわり仕事自体が効率的に進む材料になるといってもおかしくありません。


管理職や、主任、リーダーなどの役職はたくさんあります。
その中で、目の前の業務に対して自分がどのように考え行動するか、また部下に対して適した指示を出せるのか、部下に何かしらの目標を与え仕事への意識を高めてあげるかなどが基本的には「統合力」といえます。


この「統合力」を今働いている職場で身につけていれば何の問題もないのですが、職場によっては自分よりも上司が「統合力」を持っていて、役職につけていない人も多くいるはずです。そんな方は今まで関わってきた仕事に対しての自分なりのマネジメント力をアピールする、そして自分の考えと行動をどのようにしていたのかアピールすればいい結果に繋がる可能性があります。

即戦力

どんな企業でも同じですが、新入社員としての入社の場合必ずあるのが「社員教育」です。


早い段階から社員教育を行い、戦力になるよう育成していくことがまず大前提になりますが、30代からの転職者の場合、企業側は「社員教育は終わっていて、何も教えなくても大丈夫」と認識しているものなので、すぐにでも働いてもらえると思っているでしょう。


これからの時代、何事にも新しいことへの取り組みと今まで守り通してきたやり方、そして部下への指導なども総合して即戦力としてやっていけるのかが採用基準となるでしょう。


ここで1つアドバイスがあります。
即戦力として使えるかどうかを判断してもらえるようにするコツは
働きながら働く」ということです。


簡単にいうと今働いている職場と働きたい職場を時間や日にちをズラして働くということです。このやり方は非常に大変かもしれません、
ですが30代の転職とはこれくらいしても足らないほど人生の分岐点といってもおかしくないことなのです。


採用する前から頼み込んで働かせてもらうことで、即戦力かどうかはすぐに判断してもらえるでしょうし、面識ができることで転職がよりスムーズにできるようになるはずです。
(可能であれば)

スポンサーリンク

30代で今の会社にいる数年後と転職先での数年後を比べると不安が減る

30代で転職する場合、今の会社と転職したい会社での数年後を必ず比べましょう。


確実な比較方法などはありませんが、予測はできるはずですし、今の時代インターネットを使えばある程度の会社の業績やそこで働く人達の年収はおおよそかもしれませんがわかるはずです。


人間関係などで悩み転職するのであれば、この比較は意味のないことですが、年収などの場合はこの比較は絶対的に必要です。


転職してみて後悔しないよう「」ではなく「」を見据えておきましょう。

スポンサーリンク

30代からの転職を1人で抱えるのは荷が重いのではないですか?

「今の環境を変えたい・スキルアップしたい」と少しでも考えているのなら転職エージェントや転職サイトに登録することをオススメします。

 

ハローワークよりも親身になって相談にのってくれますし、大手の転職エージェントだと企業とのパイプが強みになり、未公開の求人数が豊富に揃っています。

 

それぞれに担当の転職エージェントがつくことで転職先が早く見つかることは確かです。数ある大手転職エージェント・転職サイトのなかで評判・口コミが良い2社をご紹介します。

 

今回、ご紹介する転職エージェント・転職サイトはどこにも負けない求人数とサポート体制をもっているので任せて安心ですし、転職の考え方が180度変わります!!

 

転職者満足度NO.1   doda (転職エージェント)

公式サイト
転職成功の秘訣は【非公開求人】にあった!/DODAエージェントサービス

 

dodaといえばテレビなどで流れるほど転職業界では大手の転職エージェントサービスになり、100,000件もの求人があるといわれています。

dodaの特徴としては大きく分けて3つあります👇

・あなた専任のキャリアアドバイザーが、10万件以上の求人からあなたにぴったりのシゴトをご紹介してくれる

・doda限定求人やサイトには掲載していない非公開求人なども多数用意しくれている

・職種、年齢、経験を問わず、さまざまな人に対応してくれて希望の職種を紹介してくれる

 

>>>doda(デューダ)で転職にチャレンジ!特徴/評判/口コミを徹底検証!!

 

登録さえすればカウンセリングから内定入社までしっかりサポートしてくれると安心して転職活動ができますよね?

もし転職活動に時間が取れない方でもあなたに興味をもった企業から直接オファーが届くサービスをしてくれるので、仕事をしている時も勝手に転職活動ができているというわけです!

 

全く新しい転職のやり方【キャリオク】

キンコンの西野さんがCMにでている今、話題の転職サイトです。

>>>キャリオクの公式サイトはこちら

 

転職のやり方は2つ

1、企業の求人をみてあなた自身が選んで面接に行く

2、あなたのキャリア(経験)をオークションにかけて企業からオファーをもらう

 

>>>キャリオクの評判/口コミ/料金/仕組みのまとめ【西野CM出演】

 

これからの時代、一方的にあなたが転職先を探すのではなく企業側も人材を探してオファーする時代になってきました。

 

自分自身を過小評価して先のない会社に転職するくらいならオークションを開催して企業側からのオファーを期待するのも大いにアリだと思います!


昔とは違い、企業にとっても雇われる側の権利が強くなってきている時代です。
人材不足に悩んでいる企業はとても多く、人材派遣に頼り・求人サイトや情報誌に何十万円というお金を投じてやっと1人の人材が獲得できる・・・そんな時代です・・・


そんな中、人材オークションが開催されることは企業側からするとかなりのコスパで人材が選べることはメリットでしかありません!

企業は人材を常に欲していますし、転職者としてもかなりチャンスではないでしょうか?

全く新しい「キャリアをオークションにかけて落札してもらう」やり方は転職産業をかえるかもしれません!


就職したい会社の口コミや評判を事前に調べよう

転職先を探すときに気をつけたいこと!それは→「ブラック企業」です。
現在は社会的にもバッシングを浴びていて、ブラック企業は少ないくなっていますが存在しているのは事実です・・・

中には、「サービス残業」「パワハラ」「過酷なノルマ」といった厳しい労働条件を課せる会社があたりまえのようにあり、

入社してから気付いても遅いです・・・すぐには転職するのは大変だしムダな時間だと思いませんか?そうならないためにも、入社前に必ず企業調査を行いましょう⤴️

キャリコネ転職サービスは、企業へのリアルな「感想・口コミ」などがチェックできるサイトです。実際に働いていた人が口コミを投稿しているので、非常に参考になります。ブラック企業など見つけるのにも便利ですね。

公式サイト】
《キャリコネ》転職に必ず役立つ、年収・企業口コミを公開中!

スポンサーリンク

30代の転職で成功率を上げ不安をなくす為の4つのポイント

30代で転職を成功させるにはいくつかのポイントがあります。

そのポイントを理解しているかしていないかで全く成功率はかわりますので、必ず目を通して役立ててください。

【1】転職先の環境を知るために徹底的に調べ尽くす

求人広告や転職アドバイザーによる情報は頼りになり信頼してもいいかもしれませんが、それらの情報だけではなく、企業の「ホームページ」や「SNS」または「2ちゃんねる」と様々な情報を自分で調べつくしましょう。


企業理念や事業に対する心構えなど、その会社がどのようなところに重点をおいて仕事をしているのかを知ることは必ず確認しておきましょう。


正直、入社してみないとわからないことは沢山ありますし、想像と現実は違うものです。ですが自分で調べてこそわかることも多いのが事実です。

「2ちゃんねる」を使うと意外に知らない内部事情を掴めることも・・・

ネット上にはいろんな情報が散乱していますし、何ならSNSを使って誰かに企業について教えてもらうのも1つの手ではないでしょうか?


その中でも全て匿名で投稿できる「2ちゃんねる」を使って情報を集めてみましょう。
ここに載っている情報は絶対に公式ホームページにも求人サイトにも載っていないものばかりで意外に参考になるかもしれません。



ちなみに私の勤めているところの情報もかなり載っていました
色んな意味で・・・

【2】自信やこだわりを捨てる

今まで培ってきた経験などで得た自信や仕事に対してのこだわりは捨てましょう。


それらは行動範囲を狭くしてしまい、広い視野で転職できなくなる余計なモノです。


初めは自分のやりたい業種を探すと思います、ですがもしその企業にやりたい業種がなかったらその企業を諦めるのですか・・・?
いえ、違います。
あらゆる角度から求人を探しましょう。


探す方法は大体4つに別れます⬇️

✅ 求人サイト

✅ ハローワーク

✅ 公式ホームページ

✅ コーポレートサイト

✅ 直接聞く

全てを使いそれでもなければ、違う企業を探すのも1つの手ではないでしょうか?

【3】転職において妥協することを認識しておく

まずはなぜその企業に転職したいのかを明確にすることから始めましょう。


そしてその転職に対してどこまで妥協せずに自分の希望を通すかを決めておくこと、特に多い転職理由としては「給料と勤務地」が多いと思うのですが、


・年収アップの為に転職するなら勤務地が遠くても仕方ない
・年収は下がるが勤務地が近くなるなら仕方がない


何を求めるかで何かを妥協しなければならないことは当たり前ですし、100%全てが叶う職場などありません。


転職での譲れないモノと妥協してもいいモノを明確にしておくと転職にたいしての行動がスムーズなり現状が変わることは間違いありません。

【4】やる気だけの転職活動はダメ

やる気・気合い」このような言葉で企業に通用するのは20代までの転職者に限ります。


30代の転職者に求められているのは「統合性と即戦力」です。
先ほども言いましたが、人をまとめる能力・リーダー性が必要不可欠ということなのでやる気だけでなく「人をまとめる能力がある人材」ということをアピールすることが可能になるので転職ではかなりの武器になるはずです。


逆に「人をまとめたことがない人」でもこれから5年後、10年後の自分の将来像を示すこと、そして、今の自分に足らないことに対してどのように補ってくのかを明確に示すことが大切になってきます。

スポンサーリンク

30代の転職での3つの不安からくる失敗

先程、成功率を上げる方法をお伝えしましたが、
成功の裏には失敗も必ずあります。
ですがその失敗は知っていれば何の問題にもならないことなので安心してください。


絶対に失敗したくない30代での転職で陥りやすい失敗はこの3つです⬇️

【1】 ライバルが先に転職先を取ってしまう

今の仕事を続けながら転職活動をすることは、正しい選択です。


ですがその「続けながら」に落とし穴があるのですが、
その落とし穴とは⬇️

行動する時間が限られているということ

✅今の仕事が忙しく疲労が溜まって転職願望が薄れてしまうこと

✅ズルズルと時間が経ち、現状に満足してしまうこと

この3つの落とし穴にハマってしまうとライバルに希望していた転職先を先に取られてしまう可能性が高くなります。


こうならない為にも自分1人で転職を行おうとせず、全面的に転職サイトなどを使いバックアップしてもらえる環境を自分で作りましょう。


これをするとしないのとでは全く違う結果になるはずです。


総合的に転職をバックアップしてくれる求人サイトを載せておくので登録だけでもしておくとかなり楽に転職ができるようになりますよ!

転職成功の秘訣は【非公開求人】にあった!/DODAエージェントサービス

【2】 金銭的・精神的余裕がなくなる

先程もお伝えしましたが、転職において金銭的な問題は必ず起こります。


そうならない為に必ず、貯蓄をしておくか、働きながらの転職をおススメします。


そして、もし転職がスムーズのいかない場合、やはり負担は精神的なところにくることは間違いなく、その精神的な悩みは転職がおわって、働くことになれるまでなくならないでしょう。


金銭的な余裕、精神的な余裕は必ず生まれます、ですがそれらを解決してくれることが2つだけあるのでお伝えしておきます⬇️

転職サイト・転職エージェントに任せる

✅計画的に転職を進めていく



この2点だけになり、「これだけか・・・」と思っている方も多くいると思いますが、この2つが何より大切で絶対に外せない項目でもあります。


余裕のある転職を考えているなら必ずこの2点は守りましょう

転職成功の秘訣は【非公開求人】にあった!/DODAエージェントサービス

【3】 1人で全てをこなす

30代の転職で最後に気をつけないといけない項目が「1人で全てをこなす」ことです。


なにに対しても同じですが、1人でできることは限られていますし、時間も限られています。そんな中、1人で全てをこなしていくのはとても効率が悪いことと思いませんか?


必ず第3者の手を借りて行動していきましょう。


転職成功の秘訣は【非公開求人】にあった!/DODAエージェントサービス

長かったと思いますが、ここまで読んで頂いて本当にありがとうございました。



30代の転職とは人生を180度変えてしまうかもしれない大事な選択ですし、その転職を失敗するわけにはいきません。


私は個人的に転職は大賛成です。
なぜなら、人生の視野が広がり、選択肢が広がり、できるコトも広がる、そして何より新しい人との出逢いがあります。

転職とは悪いことよりも良いことの方が多くあるように私は思っているのですが、何も考えず適当に転職を行なうことだけは避けてください。

何事も計画的にお願いします。

さて・・・

かなり話しが変わるのですが、そもそも転職は今のあなたにとって本当に必要ですか?
下の項目を1度確認してみてからでも遅くはないので、落ち着いて考えてみてください。

スポンサーリンク

30代で転職する前に考えるべきこと

転職は確かに魅力的な方法です。
ですが本当に転職は必要ですか?
先程もお伝えしましたが転職の最大の魅力は「年収」にあります。
なかには人間関係などもあるかもしれませんが・・・


1度落ちついて転職に対して考えてみてはどうでしょうか?

そもそも転職する必要ありますか?

今の職場でトラブルを抱えたまま転職活動を行うときは大抵、ネガティブな思考になっていることが多いので、今抱えている解決できるような内容なら解決してから転職活動をしていきましょう。


そうすることで、落ちついて何事も行うことができるので最善の答えが出てくるかもしれません。

転職しなければ解決できない問題なのか、冷静になって考えてみてください。


「転職してみたけどなんか違うから辞めて次の職場に行きたい」
この考えはクセになりやすく危険信号なので注意が必要です。

何の為に転職するのか?転職をどう捉えているのか?

転職するにあたり「目的を明確に優先順位」をつけていきましょう。

それを軸に自分の転職理由と転職に対してどう捉えているのかが明確になるはずですし、順位をつけることで譲れないモノ、諦めれるモノがわかるというものです。

✅転職で求める優先順位を決めておきましょう

・収入(年収〇〇円以上)

・勤務地(通勤時間)

・立場

・労働時間(明確に何時間か)

・安定

・仕事内容

・他・・・

この表を使ってまずは自分の考えを明確にしてみてください。


そうすればおのずと選択肢は見えてくるはずです。


sin

コメント