会社からの面談の内容とは?どんな質問?内容は事前に把握するべきです。

スポンサーリンク

たぬき
たぬき

「会社から面談がしたい」
って言われたけど、
何を質問されるのか・・・
前日からドキドキで
落ち着かない・・・



今回はこんなドキドキを少しでもなくなるように会社からの面談内容について説明していこうと思います。

この記事で得られる情報】

・面談で話す内容のパターン

・面談内容についての対処法

・そもそもなぜ面談が必要なのか?

・どのような選択が最善か

基本的に会社からの面談での内容はどの会社も似たようなものです


それに会社側から「面談したい」と言われると嫌なイメージしか浮かばないのはみんな同じと思いますし、面談次第では今後の出世にも関わってくるかもしれません・・・


そんな人生を左右するかもしれない「会社からの面談」を適当に捉えていては後悔することになりかねません・・・


もし会社からの面談が好きな人は少しサイコが入っている人かもしれませんね・・・(笑)


スポンサーリンク

そもそも会社から面談される訳は何?質問はどのようなもの?

そもそも会社から面談をされる訳はどのようなコトなのでしょうか?

会社から面談される訳

・人事異動をして社内の雰囲気をよくする為

・人事異動をして業績をアップさせる為

・出世させるべきか社員を比べる為

・1人1人の考えを知る為

会社からの面談は当たり前にあることですが
会社側が時間を割いてまで個別で面談をすることはそれなりの訳がありムダなことではありません。


「基本的に会社を良くしたい」「社員をより成長させるにはどうすればいいのか?」
などを考えて面談の場を設けてくれているので、心して面談に挑んでいきましょう。


会社の成長は社員の生活基準を上げてくれますし、安定させてくれる必要不可欠なことなので面談をしてくれること自体に少しくらい感謝が必要なのかもしれません。


ここで結論を少しいうと「会社からの面談はいつか必ずくるので日々の仕事は手を抜かない」まずはこれに限ります。


スポンサーリンク

会社からの面談内容はこの5つです

会社から面談を要請されて困ることといえば「面談内容」ですよね?

ここではどんな内容が質問されるのかを説明していこうと思います。

会社から面談される内容】

・現状どのようなモチベーションか?

・今後どうしていきたいか(出世したいのか)?

・今の環境はどうなのか?

・転勤する気はあるのか?

・リストラ候補?

良い業績を出しているのか悪い業績を出しているのかで面談内容は180度かわりますが、おそらく自分自身がどのような系統の面談なのかは毎日の仕事内容を振り返ってみると薄々わかっているでしょう。


では面談内容について掘り下げていきます⬇️


仕事に対してどのようなモチベーションなのか?

モチベーションは働いている姿を見ていれば何となくわかることなのですが、面談してみて初めてわかることも多くあり、特に1対1だからこそ見せてくれるモチベーションもあります。

仕事をしていく上でモチベーションはかなり重要で、やる気のある社員とやる気のない社員の行動で会社の業績が上下するといってもおかしくありません・・・
というか社員のモチベーションが全てです!!

そんな大事なモチベーションが維持されているのか、それとも下がっているのかを判断して社員の気持ちを察するのも上司の役目になります。

モチベーション1つで面談自体の内容がその場で変わる可能性だってあるので、面談の時こそいつもより高いモチベーションで対応していくことが大事になります。

自分でモチベーションを確認する基準】

・出社時の挨拶のトーン

・退社時の挨拶のトーン



今後どうしていきたいのか?出世したいのか?

勤めている方々には定年が必ずあり、その分、上の席(役職)が空きます。

そうなった時に「その席に座りたいのか?」「出世したいのか?」ということを面談で聞かれるはずですし、会社側からすると役職をつけるにふさわしい人材を社員の中から探しているので、もし出世したいという意思があるなら全面的にアピールしていく必要があります。

その時に必要なことは「出世したい」か「出世したくない」かの理由を明確に答えることです

なぜ出世したいのか、なぜ出世したくないのかを明確に答えることは上司にとっても職場を良くする為に必要で、判断しやすい答えなのでハッキリと伝えましょう。

【「今後どうしたいのか?」に気づく方法】

・入社当時の気持ちを思い返してみる

・将来のことを考えてみる

・現状に満足しているか確認する

10年先のことを考えた時に、「今のままでいいのか?」「仕事を変えていくべきなのか?」を考えましょう。
出世して理想の給料になれば出世するべきかもしれません・・・
ですが会社によっては役職がついても給料があがらない場合もたくさんありますし、責任や仕事量だけが増えていき会社にいいようにされるだけの立場にはならないようにしていきましょう。



今の職場環境はどうなのか?

職場環境によって人の成長する幅は決まってきます
(これは絶対です)


【成長する幅について知りたい方はこちらかを参考にしてください↓】

面談で職場環境について聞かれる理由としては↓

何か都合の悪いことがおきて職場環境が悪くなっている

もっと今より良い職場環境にしたい

このどちらかになります。


職場環境が良くなることはこちらとしてもメリットがたくさんあり、職場環境が変わることで個人の業績もよくなる可能性が高くなり出世への近道になるかもしれないので前向きに職場環境をよくする意見を発言していきましょう。

職場環境に対して発言するメリット】

・働きやすくなる

・業績がよくなる

・出世が近づく



転勤する気があるかないか?

転勤に関しては理由が2つあります

転勤したいかどうか聞いてくる理由】

・転勤してでも会社で働き、出世したいのか?

・戦力にならないので地方に飛んでほしい

転勤というのはある意味、人生の分岐点になります。


いい方の転勤だと「出世コース」
色んな場所で経験を積んで人の上に立つ人になることを目的としたコースです。


悪い方の転勤だと「窓際コース」
全く戦力にならず同じ職場にいても迷惑なだけなので自主退社を目的としたコースです。


もし今勤めている会社に長くいるつもりがないのなら「窓際コース」を選択して転職をオススメします。いつまでも居たくもない先が見えない会社に勤めていても意味がないので早めに転職してしまいましょう。

もし退職が切り出せないのであれば↓こちら↓を参考にしてください。

今の会社でのし上がっていく気持ちが少しでもあるのなら、迷わず出世コースを選ぶべきです。上司だってバカではないので出世させるべき部下を選んでいるはずですし、選ばれたからこそ期待にこたえて、自分の未来のために行動するべきです。


転勤という出世コースのチャンスは何度もあるわけではないのでそのチャンスを逃さないように注意しましょう。

転勤をどのように捉えるか】

・転勤して→出世する

・現状維持→出世しない



リストラ対象にあがっている

人材不足が懸念されている時代なのに業績が悪化すると大規模なリストラをせざる終えない会社もたくさんありますよね?

そんな中、あなた自身リストラの対象になっている可能性はゼロではありません・・・
ではもしリストラ対象になってしまった場合どうすればいいのでしょうか?

リストラ対象になってしまった時の対処法】

・退職金が上乗せで支払われるのでこれを気に思い切って辞める

・なるべく業績を伸ばしてしがみつく

・リストラ理由を聞き出す

これらの対処法はそれぞれの経済状況によって異なるのですが、まずは自分自身の現状の把握をすることです。
お金があるのかないのか?」「次の仕事はすぐに見つかりそうなのか?」をまず考えてどの選択肢が1番現状にあっているのかを決めましょう。

ここで1番大切なことは「リストラの理由」を聞き出すことです。
リストラの理由を聞き出すことができたなら次の就職先で活かすことができますし、逆にリストラされる理由がわかっているのなら出世する方法がわかるはずです。



ここまで会社の面談に対しての内容や質問を説明してきましたが、参考になったでしょうか?



スポンサーリンク

もしリストラになるくらいなら転職で環境をかえましょう

「今の環境を変えたい・スキルアップしたい」と少しでも考えているのなら転職エージェントや転職サイトに登録することをオススメします。

 

ハローワークよりも親身になって相談にのってくれますし、大手の転職エージェントだと企業とのパイプが強みになり、未公開の求人数が豊富に揃っています。

 

それぞれに担当の転職エージェントがつくことで転職先が早く見つかることは確かです。数ある大手転職エージェント・転職サイトのなかで評判・口コミが良い2社をご紹介します。

 

今回、ご紹介する転職エージェント・転職サイトはどこにも負けない求人数とサポート体制をもっているので任せて安心ですし、転職の考え方が180度変わります!!

 

転職者満足度NO.1   doda (転職エージェント)

公式サイト
転職成功の秘訣は【非公開求人】にあった!/DODAエージェントサービス

 

dodaといえばテレビなどで流れるほど転職業界では大手の転職エージェントサービスになり、100,000件もの求人があるといわれています。

dodaの特徴としては大きく分けて3つあります👇

・あなた専任のキャリアアドバイザーが、10万件以上の求人からあなたにぴったりのシゴトをご紹介してくれる

・doda限定求人やサイトには掲載していない非公開求人なども多数用意しくれている

・職種、年齢、経験を問わず、さまざまな人に対応してくれて希望の職種を紹介してくれる

 

>>>doda(デューダ)で転職にチャレンジ!特徴/評判/口コミを徹底検証!!

 

登録さえすればカウンセリングから内定入社までしっかりサポートしてくれると安心して転職活動ができますよね?

もし転職活動に時間が取れない方でもあなたに興味をもった企業から直接オファーが届くサービスをしてくれるので、仕事をしている時も勝手に転職活動ができているというわけです!

 

全く新しい転職のやり方【キャリオク】

キンコンの西野さんがCMにでている今、話題の転職サイトです。

>>>キャリオクの公式サイトはこちら

 

転職のやり方は2つ

1、企業の求人をみてあなた自身が選んで面接に行く

2、あなたのキャリア(経験)をオークションにかけて企業からオファーをもらう

 

>>>キャリオクの評判/口コミ/料金/仕組みのまとめ【西野CM出演】

 

これからの時代、一方的にあなたが転職先を探すのではなく企業側も人材を探してオファーする時代になってきました。

 

自分自身を過小評価して先のない会社に転職するくらいならオークションを開催して企業側からのオファーを期待するのも大いにアリだと思います!


昔とは違い、企業にとっても雇われる側の権利が強くなってきている時代です。
人材不足に悩んでいる企業はとても多く、人材派遣に頼り・求人サイトや情報誌に何十万円というお金を投じてやっと1人の人材が獲得できる・・・そんな時代です・・・


そんな中、人材オークションが開催されることは企業側からするとかなりのコスパで人材が選べることはメリットでしかありません!

企業は人材を常に欲していますし、転職者としてもかなりチャンスではないでしょうか?

全く新しい「キャリアをオークションにかけて落札してもらう」やり方は転職産業をかえるかもしれません!


就職したい会社の口コミや評判を事前に調べよう

転職先を探すときに気をつけたいこと!それは→「ブラック企業」です。
現在は社会的にもバッシングを浴びていて、ブラック企業は少ないくなっていますが存在しているのは事実です・・・

中には、「サービス残業」「パワハラ」「過酷なノルマ」といった厳しい労働条件を課せる会社があたりまえのようにあり、

入社してから気付いても遅いです・・・すぐには転職するのは大変だしムダな時間だと思いませんか?そうならないためにも、入社前に必ず企業調査を行いましょう⤴️

キャリコネ転職サービスは、企業へのリアルな「感想・口コミ」などがチェックできるサイトです。実際に働いていた人が口コミを投稿しているので、非常に参考になります。ブラック企業など見つけるのにも便利ですね。

公式サイト】
《キャリコネ》転職に必ず役立つ、年収・企業口コミを公開中!





スポンサーリンク

会社面談の内容に対するまとめ

会社からの面談は人によって、人生の分岐点になる可能性があります。

基本的に会社の面談に対しての内容や質問はシンプルなものばかりですし、「自分がどうなりたいのか?」「もっとこうした方がいい」など、はっきり伝えるに越したことはありません。


面談を受ける=悪い知らせ
ではなくメリットもたくさんあることは確かなので、気構えずに受けとめていきましょう。

会社の望んでいることは何なのか?自分の望んでいることは何なのか?を明確にすることで毎日の仕事に対しての気持ちやとっていく行動は見違えるほど変わるものです。チャンスはそう何度もあるわけではないので、目の前にぶら下がっているのなら掴むべきです。数年後・数十年後を見越して悔いのない選択をしてください。



スポンサーリンク

【補足】面談している上司も会社に同じような内容の面談をされている

上司も会社にとっては部下になります。


上司の主な仕事は部下を管理して、業績を上げること・・・
ですがその上司に何の能力もないのなら業績なんて上がることは100%ありえません。


そんな重要な部下達を育てる役割の上司がへなちょこにならない為に会社側も上司を面談しているのです。

ある意味、責任ある立場だからこそしっかり面談して業績を上げてもらえるように促していくことが大事で、上司だからといって特別扱いなどは一切ありません・・・

このようなことが現実に起こっているので自分1人が面談を受けているのではないことを頭に入れておきましょう。

面談をチャンスと捉えることは、毎日が変わるかもしれないということ・・・

上司に一歩でも近づけるチャンス!

最大に有効利用していきましょう。

コメント