100万円を貯金するコツと貯金で得られる安心感という落とし穴

スポンサーリンク

たぬき
たぬき

100万円貯めてみようかな?

でも貯める程のお金稼いでないし、
色々ほしいモノもしたいこともあるし

どうすれば無理なく貯金できるのかな?

今回はこのような疑問に答えていきます。



あなたは今、貯金をいくらしていますか?

「貯金ができる人・貯金ができない人」あなたはどっちでしょうか?


毎月稼ぐお金や貯金というものは一種のステータスになります。
ですがお金を貯めることに人生の時間を捧げ過ぎて大事な「」をちゃんと見ていない状況になっていませんか?

この記事で得られる情報

✅ 100万円貯金するコツ

✅ 貯金する意味

✅ 貯金で得られる自信について

✅ 貯金中心の生活の末路

✅ 結局はお金ではないということ

✅ より多くのお金を貯金するには

お金を貯金することは大切なことですが、その貯金のやり方とお金の使い方をよく理解しておくことが何より大切になります。

スポンサーリンク

100万円貯金する3つのコツを知ると「安心感」が生まれます

100万円を貯金するにあたり必要なコツが3つあるので、まずはその必要なコツを説明していきます。

結論を先に言ってしまうと100万円を貯めることはとても簡単ですし、誰にでもできるので早めに達成する実感を得た方がいいです。

【1】とりあえず収入を増やす

とりあえず収入を増やしてください


収入を増やすには、今働いている職場でどうすれば給料が上がるのかを考えてみることが初めの一歩になりますし、その考えが「今の職場でいいのかどうなのか?」を決めることにも繋がるので、まずはココからです。

収入を増やすことは難しいことではありません
もし増えない状況が続いているのであれば、それは増やす方法を「知らないだけ」か、「知ろうとしていない」かのどちらかです。


固定給の場合、すぐに給料が上がることは難しく、節約や投資といった考えになる気持ちはわかります。ですが、最近言われている「老後2000万円問題」のことを考えると今の状況で本当にいいのかを早い段階で判断するべきではないでしょうか?

収入を増やすコツ

・どうすれば出世できるのかを把握する

・もし歩合給なら最低のラインを決めて必ず達成する

・毎日、何かしらの結果を残し明日へ繋げる

毎日、何かしらの結果を残す
簡単に説明すると「明日に繋げる何かを今日しよう」ということです。


毎日毎日同じことの繰り返しで何をしても何も変わらない・・・
そんな状態では上がるもの(給料やモチベーション)も上がりません・・・


なので必ず、明日へ繋がる何かを残しましょう!

人は毎回、1からのスタートだと精神的にキツくなってきて辞めたくなってくるものなので、小さいことからコツコツやり続けていれば、それがいずれ大きくなり自分の給料などが上がるキッカケになるかもしれません。

もし今の職場で出世できる見込みがなく、給料が上がらないと判断したのなら早急に転職をした方がいいです。先の見えない会社にいることはとてもムダな時間なので早く判断しましょう。

これらの記事は20代・30代・40代の転職を不安にさせない記事になります。
もしそのような意思があるのなら考えてもいいかもしれませんし、年齢が上がれば上がるほど転職は厳しくなってくるので早めの判断と行動は必須です。

【2】必ず1ヶ月で84,000円貯める

12ヶ月✖️84,000円=1,008,000円

毎月、84,000円貯めることで単純に約100万円貯まる計算です。


この数字だけを見るとけっこう簡単に思えますよね?
でも、給料が少ない人や色んなモノに欲がある人からすると大きな数字かもしれません・・・ですがこの84,000円というお金を貯めないと100万円は貯まらないので⬇️のようなことをやってみましょう。

1ヶ月に84,000円貯めるコツ

・給料が入ったら84,000円はすぐに口座に入れる

・足らなければ何かを売ってでも作る

・不必要なモノは全て切り捨てる

1番意識してほしいことは、84,000円を固定費にしてしまう事です。
毎月必ず必要なお金として分けておくこと、そして家に不必要なお金をおいておかないことで、ちまちまお金が減っていくことがなくなりますし、手もとにお金があるから「少しくらいイイや」と使ってしまうのがオチです・・・

そして、何より身を削ってでもモノを売ってでも84,000円を作る意識をつけてください

時間はとてつもなく早く過ぎていきます、その中で1ヶ月に稼げる収入は限られているかもしれません。
ですが1ヶ月30日・1日24時間ある中でもし貯金に回すお金がないのであれば自分の時間を削ってでも働いて少しでも多く収入を得ることでより確実に84,000円という金額に近づけるので時間をムダにするようなことは避けるようにしましょう。

【3】副業を始める

今の時代、副業は当たり前です。

昔の感覚ではあり得なかったかもしれませんが・・・


今は『副業をしましょう!』


1つの仕事で目標が達成するなら構いませんが、
そんな人は少ないのが現状ですし、もしうまくいっていたとしても急に仕事がうまくいかなくなることだってありえます。


月々の収入を増やす為・メインの仕事がなくなった時の為」副業は今の時代かかせないものになっています。

「副業」といっても今抱えているあなたのメインの仕事に合わせて選んでいけばいいだけですし、今の時代、スマホ1つで副業ができます。
本腰をいれてやるのなら自宅でパソコンを使ってやるのもいいでしょう。


幸い良いのか悪いのか、企業としても人材不足が目立っているので、常に人手を欲しています。なのでけっこう簡単に副業を見つけることはできます。

副業を選ぶコツ

・自分の今の状況に合った無理なくできる副業を選ぶ

・できればスキルアップできる副業を選ぶ

・今後の仕事に繋がる副業を選ぶ

・資産型の副業を選ぶ

副業といってもお金を稼げればいいという考えではなく、この先、自分にとって「成長するような」「次の仕事に繋がる」「資産型」の副業を選びましょう。

せっかく100万円を貯金するために行動するのなら、視野を広げてプラスαでもっと成長していくことを考えると最高な毎日になりますし、『視野を広げる』と『成長の幅』が広がるので一石二鳥ではないでしょうか?

スポンサーリンク

100万円を貯金するコツを知る意味

収入が多くて節約をする必要がないのであれば、関係ありませんが、そんな人は一握りで多くの人はお金に困っています。


そんな状況で何でもかんでも買って求めていては貯金など夢のまた夢なので、必ず100万円を貯金するコツを身につける必要がありますし、この貯金するコツを知っていて身につけているだけで身の回りから余計なモノがなくなり、気持ちもスッキリして過ごしていけます。


とはいえ、貯金するコツを知るとどうしても疎かになってしまうのが「人付き合い」です・・・。誰かと何かをすると必ずかかってくるモノが「お金」です。


貯金をしているのにお金を気にせず飲み会や買い物をしていては貯金額が減ることはわかっていると思いますが、貯金を優先し過ぎて人との繋がりを切るようなことをしてしまい、目標に達成したとしても振り返れば「ひとりぼっち」になっている可能性が高いので、その辺りは臨機応変にしていくことが大事です。

貯金するコツを知る意味】

・生活の中での無駄を知ること

・人付き合いの大切さを知ること

・お金に対しての知識を知ること

スポンサーリンク

100万円を貯金するコツを知り、達成すると安心感と自信が得られる

コツを知っていれば何でもスムーズにことが進むものですが、お金関係の目標などを達成すると、不思議と自信が湧いてくるものです。


基本的にお金があれば大抵のことは解決しますし、そのお金を貯めるコツを知って達成したらある程度のことは解決できる能力がついたことになります。


ここで得た自信は100万円にとどまらず200万円・300万円・・・とドンドン貯金を増やしていける土台になってくれるのでまずは100万を貯金できるようコツを知りましょう。
そしてその自信を利用して最低でも自分の年齢平均貯蓄額くらいは持っておくようにしましょう。

意外にも日本人の年齢別平均貯蓄額が低いです。

おそらく数年頑張れば30代・40代くらいの貯金はすぐに溜まるでしょうし、もしその額を貯めることができたら60代の貯蓄額も見えてくるので、とっとと平均越えしちゃいましょう。

スポンサーリンク

貯金のコツが安心感を生んだことでいき過ぎた貯金生活の落とし穴が・・・

貯金のコツを知って貯金しまくった・・・

でも気づけば誰からも誘われなくなってしまった・・・

(こんな人普通にいるんです)



このような状態が「貯金の末路」といってもおかしくないでしょう
毎月給料が入るたびに貯金して通帳を見たときの喜びは誰にだってあることですし、この先何十年も生活していくうえで安心感があるのとないのとでは精神的にも違うと思いますし、自分で自分の保険を作っていく感覚になるので悪い事ではありません。


ですが「いき過ぎた貯金生活」はオススメしません。


さっきもお伝えした通り「人付き合い」がなくなることは避けるべきだし、多少のお金で人との繋がりが維持できるのであればそれに越したことはありません。


「お金が貯まる・お金が残る」割合が大きければ大きい程、人付き合いは減っていくので要注意です。

いき過ぎた貯金生活の末路

・人付き合いがなくなる

・お金に取り憑かれる

・行動範囲が極端に減って色んな経験ができなくなる

この先の生活や貯金はとても大切な事です。
ですが、「」はどうでしょう?
」がつまらないようではこの先、お金があっても後悔が必ず残るので、メリハリをつけて貯金をしていってください。

スポンサーリンク

貯金の先には「結局はお金ではなく安心感や健康だ」ということが見えてくる

貯金をしていった先に見えてくるものは「人生、お金ではない」ということです。


知っていますか?富裕層の最終的に行きつく課題は「健康」ということを・・・


簡単にいうと健康はお金では買えないですし、信頼でも買えません
将来の為にお金をたくさん貯めてもそれは結局、生活を維持する為のものに過ぎませんし、昔から『体が資本』という言葉があるように「健康を崩す」ことは「お金がない」ことよりも避けないといけないことです。

お金では解決できないモノ

・健康

・人との繋がり

・信頼

繋がりと信頼」も同じことが言えます
繋がりがあるからこそ信頼ができ、信頼があるからこそ繋がりができます
どちらもお金では解決できないモノなので必ずおろそかにしないようにしましょう。

スポンサーリンク

クーポンやキャッシュバックサービスを利用しない人を目指そう

今の時代、クーポンやキャッシュバックなどのサービスがどこにいってもありますし、スマホ1つで割引が受けられるお店がたくさんあります。

節約をする」という観点からはいいサービスかもしれません



ですが・・・なんかケチくさくないですか?


できることならそんなクーポンなどのサービスを受けることなく何でも正規の値段でお店を利用したいと思いませんか?


クーポンばかりが入っているカバンや財布なんて正直持ちたくありませんよね?

中にはお金のことは一切気にせず何でも正規の値段で必要なことはしてしまう人って周りにいませんか?(できればこんな人になりたい)

これらを解消するには収入を上げることが大前提になりますし、それなりに頑張って働くしかないと思いますが、100%可能なのでプライドを高く持ちましょう。

スポンサーリンク

【補足】100万円を貯めることができれば、より大きなお金を貯金することができ、大きな安心感が得られる

100万円を貯めることができれば、より大きな貯金をすることができます。

それは自信がついているからで、「自分にはお金を稼いで貯金できる能力がある」と認識できていて、それがお金を貯金できる精神的ベースになっているからです。

ですが、人は必ずと言っていいほど「飽きるし腐る」こともあるので明確な目標と強い意思が必要になってきます。

より多くの貯金をする方法

・貯金する目的を明確にする

・目的に応じた貯金額を明確にする

・複数の信頼できるパートナーを探す

・よく遊ぶ

「よく遊ぶ」

これは一見お金を使ってしまうので貯金をするにはよくないように思えますが、目標額が大きかったり、その目標が1人では達成できないことなのであれば「遊び」と言う名の「仕事」をよくしてください。


遊んでる人ほど人との繋がりは多いですし、その繋がりはより大きい繋がりになる可能性があるので何の問題もありません。

そこでなくなってしまうお金は「投資」といってもいいでしょう。


そして「パートナーを探す


これは友人でも恋人でも婚約者でも構いません、「自分を支えてくれる人・一緒に貯金を手伝ってくれる人」をパートナーとして手伝ってくれる人を探すこと、1人では出来ない貯金額も2人・3人で励ましあってなら達成できる可能性が高くなるので必ずパートナーを見つけて支えあいましょう。



」を大事にするということはこのようなことも含まれているので気にしないで遊びに行きましょう。

スポンサーリンク

100万円貯金するコツ【まとめ】

今回は100万円を貯金する為のコツをお伝えしてきましたが、「貯金するコツ」を知るだけでそれ以外のこともたくさん知ることができます。


最初にも言いましたが「100万円を貯金」することはコツさえわかれば簡単です。
ですがお金を稼ぐことは大変ですが使うことは簡単ですぐになくなっていくものなので、少しお金を貯金できたからといって調子に乗らないようにしましょう。

100万円を貯金するコツの復習

・とりあえず収入を増やす(無理なら転職を)

・1ヶ月 84,000円貯める

・副業を始める(できれば資産型)

・余計なモノを買わない

・仕事に没頭する

仕事に没頭するといつもの時間がより早く感じて給料日も早くくるようにおもえてくるものです。ようは、何かにハマっていると他のことが目に入らなくなって集中するということ。


もしかしたらこの方法(仕事への没頭)が1番貯金できる方法なのかもしれませんね・・・

誰だって最初はお金は持っていません、ですが初めの頃は泥臭くても少し罪悪感があってもお金に執着するべきですし、逆にそうしないと上手くいかないこともあるので、気にする必要はありません。

コメント