賞与が「上がる・上がらない」の査定基準は?【1ヶ月分や寸志では納得いかない!】

スポンサーリンク

お疲れ様さまです🌸 sinです🐾

たぬき
たぬき

マジかよ!?賞与が減った・・・
毎日働いてるのに何でだよ!?

このままじゃヤル気が⤵️

賞与ってだいたいが年に2回あるものですが、会社や業種によってはゼロのところもありますよね?

それに毎日働いているのに賞与が上がったり上がらなかったり・・・安定しないことも・・・
賞与が上がる分にはいくらでもいいのですが賞与が上がらないとヤル気も減るものです⤵️

基本給が低いのに賞与が上がらないと、この先がとても不安になってしまいます🌀

この記事の内容

・賞与があるかないかの基準について
→会社の業績(利益)が多いかどうかで決まります


・賞与の「上がる・上がらない」の基準について
→会社の業績と個人の業績で決まります


・賞与の寸志とはいくらくらい?
→だいたい3万円〜5万円くらいです


・賞与の査定に納得がいかない時の対処法
→査定を気にしないことです


・賞与に頼りすぎると痛い目に・・・
→先のことを考えて行動しましょう

賞与が「上がったり・上がらない」原因は基本的にあなた自身の業績で決まります。
毎日の仕事にたいしての考えや行動が100%反映されるので気をつけましょう💡

 
たぬき
たぬき

毎日適当に働いていると賞与は上がらないよ

気持ちが腐ると業績は上がりません
スポンサーリンク

賞与が「ある・ない」の基準は?

会社によって「賞与がある場合」と「賞与がない場合」があります。

ではどのような基準で決まっているのでしょうか?

・会社の業績(利益)があるかどうか

・もともと賞与を出す気がない

・個人的に業績がよく、出世しているかどうか

第1は会社の業績がイイのか悪いのかということです。

会社を経営している立場で考えてみてください。
業績が悪いのに毎月の給料以外にお金を出すことなんてできませんよね・・・

たしかにこれは会社の勝手な考えかもしれません。
ですが会社がなくなってしまっては元も子もないので理解するしかありません💡

逆に業績がいいほど賞与の額も上がるでしょうし、「賞与がない」確率は低いと思います。


会社によっては「もともと賞与を出す気がない」こともあります
このような会社は求人の時点で告知しているはずなので注意して確認しておくべきですね💡


「個人的に業績がよく、出世しているかどうか」
についても事前に会社側に確認しておくべき項目です。
もしかしたら「業績がいい社員・役職のついている社員」にしか賞与がでない会社もあるので、入社してから確認するようなことはやめておきましょう✨


ここで必ず知っておいてほしいことがあります👇

賞与は出すことは会社側の義務ではない

ということです・・・
働いたぶんの給料さえ出していれば法律にも引っかかることはないですし、会社側からしても利益がどんどん膨らむので、できれば払いたくないはずです。

必ず就職活動の時点で「賞与の有無」は確認しておきましょう✨

スポンサーリンク

賞与が「上がる・上がらない」の基準は?

毎年やってくる賞与!

でも上がったり上がらなかったり・・・

こんなことありませんか?
賞与が上がってないとモチベーションは下がる一方ですよね


賞与が上がるか上がらないかの基準は👇

毎日の「仕事内容」や「業績」によって決まります

業績の低い社員に業績以上の賞与をわたしてもマイナスなだけで会社のメリットにはなりません・・・(賞与は上がりません)

やはり仕事ができて業績の高い社員は会社にとってもメリットになりますし、業績の高い社員がいることで社内の雰囲気もよくなり全体的に右肩上がりになることは間違いありません。

会社にとって貢献してくれている社員には賞与を上げて、より貢献してもらうことが大切ということです。

毎日の仕事を適当にしていればしているほど「賞与は上がらない」と思った方がいいかもしれません・・・

会社への「実績・貢献」が賞与の額に反映されることは間違いありません👍

スポンサーリンク

賞与が「1ヶ月分・寸志」の原因は?

賞与が1ヶ月分・賞与が寸志の会社もあります・・・

ないよりはいいかもしれませんが「少ない」と思っている人はたくさんいるはずです。

この問題も【賞与がある・ない】に関わってくるのですが単純に「利益が少ない」もしくは「利益がない」ということ・・・


特にサービス業の場合、大きな利益がでにくい傾向にあります
(数十万円程度)


賞与を出したくても出せないのが現状で、それが原因で求人をだしても誰もこない・・・離職率が高い・・・など問題がやまずみです。

利益が少ない職業ほど賞与が1ヶ月分しかなかったり、ヒドイ場合、寸志(3万〜5万円)程度しかない会社もあるので、お金を優先的するのならサービス業は絶対にやめておきましょう。


低所得者になる確率がかなり高いです‼️

スポンサーリンク

賞与の査定に納得がいかない時の対処法

賞与は基本給がベースになっていて、だいたいが2ヶ月分のケースが多いです。

基本給が上がると賞与も上がるというわけです✨
ということは基本給を上げる行為をしていかないと賞与は上がらない・・・


そこで上司の査定がキモになってくるのですが、上司の査定基準なんて誰もわかるはずもなく正解はありません・・・
ですが2つだけ対処法があります👇

賞与の査定に納得いかない時の対処法】

・業績を上げて会社に貢献する

・上司をマネジメントするような存在になる(媚をうる)

業績を上げて会社に貢献する

単純に業績を上げて会社に貢献すればイイ査定がもらえます。
もし業績を上げて会社に貢献しているのに納得のいかない査定になってしまった場合は上司に直接相談することをオススメします。


なぜ貢献したのに納得のいかない査定なのか?
どうすればいい査定がもらえるのか?


『答えを知っている上司にやり方を教えてもらう』
このやり方が1番効率がよく上司との信頼にもつながるので最前の手だと思います。


上司をマネジメントするような存在になる】

上司から賞与の納得のいく査定をもらうために「上司のマネジメント」としてみましょう。
人は必ず誰かにフォローしてもらったり信頼する部下を必要としているものなので、常に上司と共に行動して気に入られましょう。

上司の「望んでいること・考えていること・支えてあげること」
これらの上司に対しての行動が賞与の納得のいく査定につながります。

好き嫌いはムダです❗️最短のやり方で効率よく結果をだしていきましょう‼️

スポンサーリンク

対処しても改善されないなら環境をかえてみよう

「今の環境を変えたい・スキルアップしたい」と少しでも考えているのなら転職エージェントや転職サイトに登録することをオススメします。

 

ハローワークよりも親身になって相談にのってくれますし、大手の転職エージェントだと企業とのパイプが強みになり、未公開の求人数が豊富に揃っています。

 

それぞれに担当の転職エージェントがつくことで転職先が早く見つかることは確かです。数ある大手転職エージェント・転職サイトのなかで評判・口コミが良い2社をご紹介します。

 

今回、ご紹介する転職エージェント・転職サイトはどこにも負けない求人数とサポート体制をもっているので任せて安心ですし、転職の考え方が180度変わります!!

 

転職者満足度NO.1   doda (転職エージェント)

公式サイト
転職成功の秘訣は【非公開求人】にあった!/DODAエージェントサービス

 

dodaといえばテレビなどで流れるほど転職業界では大手の転職エージェントサービスになり、100,000件もの求人があるといわれています。

dodaの特徴としては大きく分けて3つあります👇

・あなた専任のキャリアアドバイザーが、10万件以上の求人からあなたにぴったりのシゴトをご紹介してくれる

・doda限定求人やサイトには掲載していない非公開求人なども多数用意しくれている

・職種、年齢、経験を問わず、さまざまな人に対応してくれて希望の職種を紹介してくれる

 

>>>doda(デューダ)で転職にチャレンジ!特徴/評判/口コミを徹底検証!!

 

登録さえすればカウンセリングから内定入社までしっかりサポートしてくれると安心して転職活動ができますよね?

もし転職活動に時間が取れない方でもあなたに興味をもった企業から直接オファーが届くサービスをしてくれるので、仕事をしている時も勝手に転職活動ができているというわけです!

 

全く新しい転職のやり方【キャリオク】

キンコンの西野さんがCMにでている今、話題の転職サイトです。

>>>キャリオクの公式サイトはこちら

 

転職のやり方は2つ

1、企業の求人をみてあなた自身が選んで面接に行く

2、あなたのキャリア(経験)をオークションにかけて企業からオファーをもらう

 

>>>キャリオクの評判/口コミ/料金/仕組みのまとめ【西野CM出演】

 

これからの時代、一方的にあなたが転職先を探すのではなく企業側も人材を探してオファーする時代になってきました。

 

自分自身を過小評価して先のない会社に転職するくらいならオークションを開催して企業側からのオファーを期待するのも大いにアリだと思います!


昔とは違い、企業にとっても雇われる側の権利が強くなってきている時代です。
人材不足に悩んでいる企業はとても多く、人材派遣に頼り・求人サイトや情報誌に何十万円というお金を投じてやっと1人の人材が獲得できる・・・そんな時代です・・・


そんな中、人材オークションが開催されることは企業側からするとかなりのコスパで人材が選べることはメリットでしかありません!

企業は人材を常に欲していますし、転職者としてもかなりチャンスではないでしょうか?

全く新しい「キャリアをオークションにかけて落札してもらう」やり方は転職産業をかえるかもしれません!


就職したい会社の口コミや評判を事前に調べよう

転職先を探すときに気をつけたいこと!それは→「ブラック企業」です。
現在は社会的にもバッシングを浴びていて、ブラック企業は少ないくなっていますが存在しているのは事実です・・・

中には、「サービス残業」「パワハラ」「過酷なノルマ」といった厳しい労働条件を課せる会社があたりまえのようにあり、

入社してから気付いても遅いです・・・すぐには転職するのは大変だしムダな時間だと思いませんか?そうならないためにも、入社前に必ず企業調査を行いましょう⤴️

キャリコネ転職サービスは、企業へのリアルな「感想・口コミ」などがチェックできるサイトです。実際に働いていた人が口コミを投稿しているので、非常に参考になります。ブラック企業など見つけるのにも便利ですね。

公式サイト】
《キャリコネ》転職に必ず役立つ、年収・企業口コミを公開中!

スポンサーリンク

賞与に頼りすぎる生活はヤバイ!調子にのるな!!

「賞与があるから毎月の給料は全部使ってしまう」

たぬき
たぬき

絶対ダメ!あとで後悔するよ!!

毎月の給料が引くて貯金できるお金がない人って多いとおもいます。
そんな人ほど賞与に頼りがちではありませんか?


「賞与だけを貯金すればいい」「もうすぐ賞与だから全部使っちゃおう」

このような考えをもっているあなたはとても危険です。
お金を使うことは簡単で人は調子にのってしまう歯止めがきかなくなるもの・・・
調子にのった人ほど計画的に貯金ができない傾向にあるので毎月の出費などはしっかり管理していきましょう。


調子にのることは後悔に繋がる」ことを記事にしているので参考にしてください👇

スポンサーリンク

【まとめ】賞与が上がる・上がらないの査定は毎日行われています

ここまで賞与が「上がる・上がらない」の査定基準や対処法について説明してきましたがいかがでしたか?


賞与が「上がる・上がらない」の上司による査定は毎日おこなわれていますし、手を抜く場面はありません。


本当に賞与を上げたいならまず基本給を上げる!
上司からの高い評価をもらい出世してしまえば自然と基本給は上がっていくものです✨


ですが高い評価をもらうにしてもやり方は必ずあります
そのやり方さえ間違わなければ最短で出世していけるはずですし、出世が賞与を上がることに繋がるのでやり方を知ったのであれば実践あるのみです❗️

コメント