転職が半年も決まらないのはなぜ?転職活動が長期化する原因と対処法

スポンサーリンク

「転職活動を始めて半年たつけど就職先が決まらない」なんてことになっていませんか?


もしくは、「そうなりそう」な雰囲気・・・転職活動をするということに対して『経験豊富』なんて人は少なくて当たり前です。


みんながみんな初心者です。


そんな転職活動を何も考えないでただ履歴書を出すだけの行動は効率がいいとは言えません。


『仕事を変える』『転職をする』ことはあなたにとって人生の分岐点になるかもしれない、大切な決断です。


今回はスムーズに、よりあなたの希望が叶う企業に就職するための情報をお伝えしていきます。



スポンサーリンク

転職が半年も決まらない原因と対処法とは?

こだわりが強い

転職をする人は今までの会社よりも『もっといい待遇・もっといい人間関係』を望んでいることが大半です。


そのせいか、次の転職先へのこだわりが強くてなかなか転職が決まらない・・・決めない・・・そんな状況を自分で作ってしまっているのが元凶といえるでしょう。

対処法

対処法としては、やはり『こだわり過ぎないこと』になります。


こだわりが強過ぎたために、結構いい企業からのオファーなどを蹴ってしまっています。


個人的な要望や条件は長く務めていくために曲げたくないかもしれませんが、100%条件に合う企業などありません。


何かを諦める・・・「最低でもこの条件は」とこだわりを見直すことが大切です。


雇用保険をあてにしている

雇用保険とは企業に務めていた頃の給料の4〜5割くらいが3ヶ月間退職した後にもらえる保険です。


大体の企業で給料から天引きで支払うのですが、会社都合で辞めない限り(自分からの退職)雇用保険のお金を受け取れるのは3ヶ月後からとなります。


とゆうことは『退職して3ヶ月+支給され始めて3ヶ月=無職が6ヶ月』となるわけです。


雇用保険での支給を全て受け取るには半年もの時間が必要。


そんなことをしている内に経過した半年という時間は転職活動においてかなり不利になります。


長い間、働いていない転職希望者を気分良く採用してくれる企業は少なく、より転職活動が長引く可能性があります。

対処法

転職する理由としてはさまざまですが、なかには「長期的な休暇が欲しい」「しがらみから逃れたい」など、とりあえず辞めたい願望が先行している方がいます。


長期的な休暇をとることは大切かもしれません。


十分な貯蓄があれば問題はないかもしれませんが、雇用保険満額を受け取るのはリスクがかなり大きく思えます。


なので、休暇に慣れてしまい働く意欲がなくなる可能性があったり、この先が少しでも不安なら『計画的な転職活動』を心がけましょう。


正しい転職のやり方を知らない

昔から転職といえば求人誌や知り合いからの誘いがメインになっていました。


ですがその感覚で今、転職をすることはかなり効率が悪いといえます。


「自分は優秀だから引き抜かれる」などとタカをくくっているといつまでも転職が成功することはありません。

対処法

時代の流れにそって転職活動の方法を変えるのが1番です。


今の時代、転職サイトからの仕事探しだけではなく担当がつく転職エージェントや自分のキャリアをオークションにかけるやり方など、多種多様です。


転職サイト・転職エージェント・キャリアオークションなどを有効に使うことが正しい転職方法といえるでしょう。

20代・第二新卒・既卒向け転職エージェントのマイナビジョブ20's

首都圏のIT・営業職求人、大手・優良求人多数。転職はマイナビエージェント

キャリオクの評判/口コミ/料金/仕組みのまとめ【西野CM出演】

在籍中に転職活動をしなかった(やる気を失っている)

先ほどもお伝えした通り、休暇(無職期間)があると仕事スイッチがOFFになり、無気力な状態になる場合があります。


1度切れたスイッチはなかなか戻すことができず、ずるずる何もしないで時が過ぎていきがちです。


これは在籍中に転職活動をしてこなかったリスクともいえます。

対処法

在職中(退職する数ヶ月前)に転職活動をするのが1番の対処法といえるでしょう。


ですが、退職してから次の転職先に入社するまでの間、有給を使って休暇を作るなどの工夫は大切です。


スポンサーリンク

転職が半年も決まらない原因はあなた自身にある

転職が半年も決まらない原因はあなた自身にある可能性がかなり高いです。

  • こだわりが強い
  • 雇用保険をあてにしている
  • 転職活動のやり方を知らない
  • 在籍中に転職活動をしてない



これらはあなたの転職に対しての考えや判断が間違っているといわざるおえません。


あなたが決めた転職の条件や曲げたくないこだわりが『転職が半年も決まらない』大きな原因となっています。


大切なのは『こだわりに優先順位をつけること』です。


転職活動が長くなればなるほど、優先順位を元に転職先を決めていくのがオススメです。


あなたの『こだわり』を100%叶えてくれる企業などないので、多少なりともあなたが企業側に合わせるようにしましょう。


スポンサーリンク

転職は長期化(半年)するほど不利になる

転職は長期化(半年)するほど不利になります。これは単純に採用する側の考えになるのですが、

  • 無職の期間への印象
  • やる気が低下してくる



採用する側からすると、『無職で毎日何もしていないヤツ』的な印象をもたれるのは間違いないでしょう。


理由はどうあれ、転職に時間がかかる人に対して「だらしない?責任感はある?信頼できる?仕事できる?」など転職者に対しての疑問がでてくるものです。


それに、転職活動が長期化すると始めた頃よりモチベーションが下がり、ヤル気に繋がらなくなる傾向があります。


転職活動の長期化(半年)は企業側に不安をもたせ、あなた自身のやる気を奪い不利な状況になってしまうので注意しておきましょう。


スポンサーリンク

転職を早くスムーズに決める方法とは?

転職を早くスムーズに決める方法としては、

退職3ヶ月前に転職活動を始めることです。



全国的にも転職活動を始めてから転職を成功させるまでの平均日数は2.3ヶ月といわれています。


退職3ヶ月前からの転職活動と退職後の転職活動ではスムーズにいかないことが多々あり、その中でも『時間を持て余す』ことでモチベーションが下がる原因にもなります。


働きながらの転職は意外に大変です。必ず退職3ヶ月前には転職サイトへの登録転職エージェントなどを利用してください。


特に転職エージェントがオススメです。

20代・第二新卒・既卒向け転職エージェントのマイナビジョブ20's

首都圏のIT・営業職求人、大手・優良求人多数。転職はマイナビエージェント

キャリオクの評判/口コミ/料金/仕組みのまとめ【西野CM出演】

スポンサーリンク

転職エージェントへの依頼がベストな理由

転職エージェントをオススメな理由としては2つあります。

  1. 転職先を見つけてくれる
  2. あなたの担当者になってくれる



【1】希望を伝えるだけで転職先を見つけてくれるのは、片手間で仕事をしている人にとってかなりありがたいことです。

本業がある以上、手を抜くことができず転職活動に力を入れられないのが現状です。

そんな中、代わりに転職先を見つけてくれる転職エージェントは頼りになる方法です。

【2】専任スタッフがあなたについてくれます。

もちろん電話・メールなどで聞きたいことをすぐに聞けますし、逆に有益な情報をすぐに知らせてくれます。

1人では転職が不安な人も専任のエージェントがいるだけで、気が楽になるものです。

20代・第二新卒・既卒向け転職エージェントのマイナビジョブ20's

首都圏のIT・営業職求人、大手・優良求人多数。転職はマイナビエージェント

キャリオクの評判/口コミ/料金/仕組みのまとめ【西野CM出演】

スポンサーリンク

転職が半年も決まらないのはなぜ?転職活動が長期化する原因と対処法【まとめ】

転職が半年も決まらないのは下記のようなことが原因です。

  • こだわりが強い
  • 雇用保険をあてにしている
  • 正しい転職のやり方をしていない
  • 在籍中に転職活動をしていなかった



これらが転職を半年もの間、せざるおえない状況になってしまった根本になります。


転職が半年もの間、決まらないことは、単身者・既婚者に関係なくいい状態とはいえません・・・


「何が何でも退職する前に転職活動をした方がいい」とはいいませんが、今後のことを冷静になって考えるとおのずと最善の選択肢はきまってきます。


転職活動を全てあなた自身でやろうと思わず、転職エージェントなどを使って効率的に進めていきましょう。


コメント