ブラック企業の見分ける方法は?求人や面接で見分けるコツ

スポンサーリンク
たぬき <br><br><br><br><br><br><br>
たぬき






もうすぐ就職だけど
ブラック企業だったらどうしよう

就職する前にブラック企業か
どうか見分ける方法はないのかな?

ブラック企業には就職したくない!


みんなが思っていることですよね?ですが入社してみないとわからない、これが現実です。

ならブラック企業かどうかを見分ける・見抜く方法を知ればいいですよね?ブラック企業かどうかを100%正しい判断をすることは難しいかもしれませんが、あなたの望んでいる働き方ができるかどうかくらいなら判断することはできますよ💡

この記事の内容

・ブラック企業の見分け方
→面接や求人情報を活用しましょう


・ブラック企業かどうかを面接や求人情報で見分けるコツ
→離職率や勤続年数を確認する


・ブラック企業は常に求人募集しているということ
→パワハラやモラハラが酷くて人がすぐ辞めてしまうため

スポンサーリンク

ブラック企業の見分け方

ブラック企業といっても色んな見分け方があるのですが、まずはブラック企業の特徴をしりましょう💡
正直なところ働いてみないとわからない部分が多いですが、知識をつけておくことだけでも対処はできますし、もし今あなたが「ブラックっぽい会社だなぁ」と思って働いているのなら一度下の項目と照らし合わせてみてください。該当する数が多いほどブラック企業の証です。

・勤務時間外に仕事をすることが多い

・休憩時間がない

・有給をとらせてもらえない

・休日も連絡が途切れない

・パワハラ・モラハラがひどい

・会社で使う備品などが自腹


・勤続年数が短い人ばかり働いている

・勤続3年以下の社員が少ない



ブラック企業の特徴としては拘束されて自由を奪われ社畜になるみたいな感じですね。

ちなみに国がブラック企業としてあげている特徴はこちらです👇

① 極端な長時間労働やノルマを課すこと
② サービス残業やパワハラなどコンプライアンス意識の低さ
③ こうした状況下で労働者に対して過度の選別を行うこと



国が定める基準はザックリしていてわかりにくいですが、労働基準法や人としての当たり前の権利を破った時点でブラック企業といわれてもおかしくありません。


ブラック企業で働くことはあなたにとってマイナスでしかありません。
過酷な労働環境を見極めて対処していきましょう✨

スポンサーリンク

面接や求人情報でブラック企業か見分ける方法

就職する前に必ず確認しておいたほうがいい項目・・・それはブラック企業かどうかを見分けることです。

見分け方は単純で「面接や求人情報・口コミサイト」で判断すること!

ではまずネットを使った求人情報からブラック企業かどうかを判断してみましょう💡

ネットを使った求人情報からブラック企業かどうかを判断する方法

ネットの求人情報にはデメリットは一切書いていないのが当たり前ですが、書いてあることを鵜呑みにしてはいけません・・・
(100%事実ではないからです)

ではどうような言葉が疑わしいのかをみてみましょう👇

【疑わしい言葉】

歩合制・ノルマなし・アットホーム・やりがい・成長

やる気・昇給が早い・年功序列などの若手優先性


これらの言葉ははっきりいって「やりがい搾取」にあたります。

「成長のための仕事」「やりがいをもっているから給料は低くて当たり前」「歩合制だから働けば働くほど給料があがる」など、やる気や若さ・知識のなさを逆手にとって「あなたの為と言いながら」会社のために働かせる文言です!


ハッキリいいます!
若手のことを1番に考えている会社など1社もありません!


求人を出す理由は役員や社長・会社の利益を第1に考えているに過ぎません・・・そんな会社ばかりではどこに就職したらいいのかわからないかもしませんが、あなた自身が適当に決めた会社など大した就職先ではないでしょう。

適当に職場を決めることは自分でブラック企業を選んでいるのと同じなので、必ず事前の下調べや転職エージェントに相談のうえ決めることをオススメします。

企業側の口コミや評判を調べる方法としてこんなサイトがあるので活用してください👇

就職したい会社の口コミや評判を事前に調べよう

転職先を探すときに気をつけたいこと!それは→「ブラック企業」です。
現在は社会的にもバッシングを浴びていて、ブラック企業は少ないくなっていますが存在しているのは事実です・・・

中には、「サービス残業」「パワハラ」「過酷なノルマ」といった厳しい労働条件を課せる会社があたりまえのようにあり、

入社してから気付いても遅いです・・・すぐには転職するのは大変だしムダな時間だと思いませんか?そうならないためにも、入社前に必ず企業調査を行いましょう⤴️

キャリコネ転職サービスは、企業へのリアルな「感想・口コミ」などがチェックできるサイトです。実際に働いていた人が口コミを投稿しているので、非常に参考になります。ブラック企業など見つけるのにも便利ですね。

公式サイト】
《キャリコネ》転職に必ず役立つ、年収・企業口コミを公開中!

面接でブラック企業かどうかを判断する方法

たぬき
たぬき

面接はいいチャンス!
この機会をムダにしちゃダメだよ!!

面接は唯一、会社側の人と話しができる場です。

そんな貴重な時間をただ質問に答えて終わるなんてことしていませんか?
貴重な時間だからこそ「疑問に思っていること」を聞いてみましょう💡

【面接でも質問を判断基準にする】

・求人募集の内容を細かく確認する

・仕事の話しをそらす行為を見逃さない

・突っ込んだ仕事の質問を答えるかどうか確認する

・【重要】若手は何年くらい勤続しているか確認する


この中で1番重要なことは「若手の勤続年数」です。
理由は簡単で働きやすい会社なら勤続年数は長いし、ブラック企業なら勤続年数は短いということです。(勤続年数の目安は3年未満


昔から「石の上にも3年」という言葉があるように最低でも3年は働かないと企業の良さも経験も積めないというニュアンスなのですが、3年やそこらしか勤続年数はない企業は「働きにくい・先が見えない」企業と判断していいでしょう🌀


企業側からすると仕事内容を明かすことは入社してくれない可能性が高くなるので隠すことが多いです。「若手のいない企業は先がない」どんな手段を使っても入社させることを考えているので気をつけましょう💡

スポンサーリンク

すでにブラック企業にいるなら環境を変えるべき

ブラック企業で働き続けていると良くも悪くも環境に慣れてしまいブラックなことが普通に感じてくるので不思議です・・・

ですが慣れたとしても体は正直で疲れた体やストレスはかなりたまっているはず、知らず知らずにのうちに溜まりに溜まった疲れが一気に爆発して取り返しのつかない事態になるかもしれません。


そうなる前に環境を変えることをオススメします!

「今の環境を変えたい・スキルアップしたい」と少しでも考えているのなら転職エージェントに登録することをオススメします。ハローワークよりも親身になって相談にのってくれますし、大手の転職エージェントだと企業とのパイプが強みになります。未公開の求人数が豊富に揃っています。

それぞれに担当の転職エージェントがつくことで転職先が早く見つかるでしょう❗️

数ある大手転職エージェントのなかで評判・口コミが良い2社をご紹介します。

今回、ご紹介する転職エージェントはどこにも負けない求人数とサポート体制をもっているので任せて安心ですし、初めて転職エージェントを使う方にもオススメです。

転職者満足度NO.1   doda (転職エージェント)

公式サイト
転職成功の秘訣は【非公開求人】にあった!/DODAエージェントサービス

 

dodaといえばテレビなどで流れるほど転職業界では大手の転職エージェントサービスになり、100,000件もの求人があるといわれています。

dodaの特徴としては大きく分けて3つあります👇

・あなた専任のキャリアアドバイザーが、10万件以上の求人からあなたにぴったりのシゴトをご紹介してくれる

・doda限定求人やサイトには掲載していない非公開求人なども多数用意しくれている

・職種、年齢、経験を問わず、さまざまな人に対応してくれて希望の職種を紹介してくれる

 

登録から入社までの流れはこんな感じです👇

 

 

登録さえすればカウンセリングから内定入社までしっかりサポートしてくれると安心して転職活動ができますよね?

もし転職活動に時間が取れない方でもあなたに興味をもった企業から直接オファーが届くサービスをしてくれるので、仕事をしている時も勝手に転職活動ができているというわけです!

 

既卒・フリーターから優良企業へ就職しませんか?

 




公式サイト
就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!


ジェイック
を使えば、無職の方やフリーターの方でも正社員として就職することができます。こちらのジェイックの転職エージェントでは、既卒やフリーターの方を積極的に支援していますし、何より無職の方やフリーターの方の転職方法を知っているので安心して任せられる転職エージェントです。

完全無料の就職講座や、個別の就職相談などにも応じており、就職面でしっかりとしたサポートを受けられます。

募集している求人は、スーツを着用しての仕事が多いですが、大手企業の子会社であったり、上場企業や映像製作会社など質の高い仕事の求人が用意されているからこそではないでしょうか?

専任の個別アドバイザーがサポートしてくれるので、困ったことや相談なども気軽にできます。全国展開されており支店も多いので、都心だけでなく地方の方でも利用できるのも強みです。

スポンサーリンク

ブラック企業を辞めたくても辞められないなら「退職代行サービス」が1番!

ブラック企業は基本的に辞めたくても辞められないのが実情です・・・

今すぐブラック企業を抜け出したいのなら「退職代行サービス」を使うのが1番効率がいいです。最近では「退職代行サービス」もたくさんあってどこにすればいいのか悩むところですが、キチンとした基準をクリアした業者にお願いするのがベストな選択です。

今回は男性専門・女性専門の退職代行サービスを2社紹介します👇

男の退職代行サービス

⭐️日本に2社しかないJRAAが認めた「特級認定」をうけている退職代行サービス❗️

・100もの項目をクリアしてきた証(特級認定)をもっている
・料金が安い(アルバイト19,800円/正社員29,800円)
当日退職できる
全額返金保障のうえに転職サポート(5万円のお祝い金つき)
成功率100%

👇男性専門退職代行サービスです👇

>>専門だから確実【男の退職代行】を利用してみる!

わたしNEXT(退職代行サービス)

⭐️日本に2社しかないJRAAが認めた「特級認定」をうけている退職代行サービス❗️

・100もの項目をクリアしてきた証(特級認定)をもっている
・料金が安い(アルバイト19,800円/正社員29,800円)
・当日退職できる
・全額返金保障のうえに転職サポート(5万円のお祝い金つき)
・成功率100%

👇女性専門の退職代行サービスです⭐️

>>>わたしNEXTは女性専門の退職代行サービスです

スポンサーリンク

ブラック企業の見分け方と面接や求人で見分けるコツについてのまとめ

今回の「ブラック企業の見分け方」は100%正解ではありません。

ですが少しくらいブラック企業かどうかを判断する材料にはなったのではないでしょうか?
「面接で変なことを聞いたら不採用にされるんじゃないか?」「もし入社しても目を付けられて不当な扱いを受けるんじゃないか?」このようなことを考える気持ちはわかります。

ですが入社してしまったらなかなか辞められないのがブラック企業の特徴でもあるので事前のリサーチは手を抜かずどんどん行っていきましょう🌸

時間はお金では買えるものではないので大切にしていきましょう💡

コメント