気持ちがわからないと言われた/上司や部下に気持ちを理解してもらう方法とは?

スポンサーリンク

「君の気持ちがわからない」

なんてこと言われたことありませんか?
必死に仕事をしている・マジメに仕事をしている、なのに上司や部下に「気持ちがわからない」といわれても納得できませんよね?


目標や目的をもって仕事をすることは大切なことです・・・ですが独りよがりになり上司や部下に迷惑をかけるのは少し違います。


自分の気持ちをわかってほしいと感じているなら意思表示は不可欠で何もしないで気持ちが伝わることはありえません。

スポンサーリンク

気持ちがわからないと言われる理由は?

「気持ちがわからない」と言われる問題には気持ちをわかろうとしない側にも問題があるのですが、理由としては2つあります。

意思表示をしていない

意思表示とは単純に「伝える方法」です。


あれがしたい・これがしたい、などをあなた自身の中だけで解決してしまっているのが原因で、上司や部下に行動や考えを理解してもらっていないと「気持ちがわからない」と判断されます。


「業績を上げるには?」「部下の育成には?」どんな行動をするのかを伝えることが大切です。

上司や部下を認めていない

あなた自身が上司や部下を認めていないと、上司や部下は心を開いてくれることはありません。


「嫌い・ウザい」など苦手意識があればあるほど上司や部下を認めていない証拠です。


あなたは嫌いでウザい上司や部下に対して気持ちをわかってほしいなんて思いますか?思いませんよね?まずは上司や部下が嫌いでも認めてることから始めましょう。


上司や部下を認めないことは気持ちをわかってくれないことに繋がります。では上司や部下を認めるにはどうすればいいのかを考えることが大切です。


スポンサーリンク

上司に「気持ちがわからない」と言われないためには?

上司に気持ちがわからないと言われない為には、上司を気持ちを理解することです。


先ほどお伝えした「上司を認める」ことにつながるのですが、上司があなたに何を求めているのか?あなたにどうなってもらいたいのか?を理解することです。


会社に勤めている以上、何か(主に業績)を上げないといけません・・・上司からしても業績の上がらない部下をそのままにしておくべきではないと考えているはずです。


仕事以外のコト・仕事に対しての行動を明白にしていない時点で上司はあなたに対して「気持ちがわからない」と表現せざる終えません。

スポンサーリンク

上司に気持ちを理解してもらう方法

あなたが「何をしたいのか?」「どうしたいのか?」を上司に気持ちを伝えないといつまでも行動や考えを理解してくれません。

その内、あなたは社内で浮いた存在になり退職という選択を迫られる可能性があります。そうなる前に適切な方法で上司に気持ちを伝えましょう。やり方は2つです!

直接、気持ちを伝える

駆け引きなしで直接、気持ちを伝えることは意外に上司の心を掴む方法です。

直接伝えるからこそ「気持ちを伝えたい」という思いを感じてくれるものです。

「将来こうなりたい」「起業したい」など先のことを包み隠さず言うことで上司もその目的に応じた対応をしてくれるかもしれません。

LINEなどを使う

気持ちを「伝えやすい上司」「伝えにくい上司」がいると思います。

状況にもよりますがLINEなどを使った方が気持ちを伝えやすいケースがあります。

言葉では言えないことも文章なら伝えられることってありますよね? 昔からの体育会系の上司でない限り通用する方法です。

スポンサーリンク

部下に「気持ちがわからない」と言われないためには?

部下に気持ちがわからないと言われる原因も意思表示にあります。


上司の時とは違い部下の場合、行動力が大切です。

意思表示をしたものの、それに対しての行動や考えができていないと部下はあなたを下に見るようになりがちです・・・

「部下は上司の背中を見て育つ」子供と同じで親の行動をマネするようなもの。目的はなんなのか?意味はなんなのか?を行動と考えで示しましょう。

スポンサーリンク

部下に気持ちを理解してもらう方法

部下に気持ちを理解してもらえるようにするための方法は2つです。

計画を伝える

部下は基本的に年下が多く、経験はあなたの方が上のはずです。


経験が少ないからこそ、しっかりした目的までの流れを伝えることで「こうしたらこうなる」「ああしたらこうなる」ことを伝えましょう。


そうすることで部下からは「頼りになる」「しっかりしている」という印象になり、あなたの気持ちを理解してくれるようになります。

結果(ゴール)を伝える

仕事・部下の育成・業績アップ

どんなことにでも結果は必要不可欠です。
それぞれの結果に対しての行動を明確に部下に伝えましょう。

スポンサーリンク

「気持ちを表現できない」は変えられる

ここまでの話しの中で上司や部下に気持ちをわかってもらうには「気持ちを表現する」ことが大切だとわかっていただけたと思います。


気持ちを表現するとは「素直になる」「相手を認める」ということ。

人は年齢を重ねれば重ねるほど頭が硬くなり素直になれないものなので「自分の気持ちをわかってほしい」それだけで頭を柔らかくなり素直になれるものです。

スポンサーリンク

どうしても気持ちが理解してもらえないなら転職を

どうしても上司や部下に気持ちがわかってもらえないのなら環境を変えることをオススメします。転職はスキルアップや給料を上げるためだけのものではありません。

もちろんそのような理由のほうが転職にも意欲が湧くでしょうし、行動もするでしょう。

ですが気持ちをわかってくれない上司や部下がいる会社で粘ってもおそらくあなたは毎日ストレスを抱えるだけで終わってしまうのではないでしょうか?

「今の環境を変えたい・スキルアップしたい」と少しでも考えているのなら転職エージェントや転職サイトに登録することをオススメします。

 

ハローワークよりも親身になって相談にのってくれますし、大手の転職エージェントだと企業とのパイプが強みになり、未公開の求人数が豊富に揃っています。

 

それぞれに担当の転職エージェントがつくことで転職先が早く見つかることは確かです。数ある大手転職エージェント・転職サイトのなかで評判・口コミが良い2社をご紹介します。

 

今回、ご紹介する転職エージェント・転職サイトはどこにも負けない求人数とサポート体制をもっているので任せて安心ですし、転職の考え方が180度変わります!!

 

転職者満足度NO.1   doda (転職エージェント)

公式サイト
転職成功の秘訣は【非公開求人】にあった!/DODAエージェントサービス

 

dodaといえばテレビなどで流れるほど転職業界では大手の転職エージェントサービスになり、100,000件もの求人があるといわれています。

dodaの特徴としては大きく分けて3つあります👇

・あなた専任のキャリアアドバイザーが、10万件以上の求人からあなたにぴったりのシゴトをご紹介してくれる

・doda限定求人やサイトには掲載していない非公開求人なども多数用意しくれている

・職種、年齢、経験を問わず、さまざまな人に対応してくれて希望の職種を紹介してくれる

 

>>>doda(デューダ)で転職にチャレンジ!特徴/評判/口コミを徹底検証!!

 

登録さえすればカウンセリングから内定入社までしっかりサポートしてくれると安心して転職活動ができますよね?

もし転職活動に時間が取れない方でもあなたに興味をもった企業から直接オファーが届くサービスをしてくれるので、仕事をしている時も勝手に転職活動ができているというわけです!

 

全く新しい転職のやり方【キャリオク】

キンコンの西野さんがCMにでている今、話題の転職サイトです。

>>>キャリオクの公式サイトはこちら

 

転職のやり方は2つ

1、企業の求人をみてあなた自身が選んで面接に行く

2、あなたのキャリア(経験)をオークションにかけて企業からオファーをもらう

 

>>>キャリオクの評判/口コミ/料金/仕組みのまとめ【西野CM出演】

 

これからの時代、一方的にあなたが転職先を探すのではなく企業側も人材を探してオファーする時代になってきました。

 

自分自身を過小評価して先のない会社に転職するくらいならオークションを開催して企業側からのオファーを期待するのも大いにアリだと思います!


昔とは違い、企業にとっても雇われる側の権利が強くなってきている時代です。
人材不足に悩んでいる企業はとても多く、人材派遣に頼り・求人サイトや情報誌に何十万円というお金を投じてやっと1人の人材が獲得できる・・・そんな時代です・・・


そんな中、人材オークションが開催されることは企業側からするとかなりのコスパで人材が選べることはメリットでしかありません!

企業は人材を常に欲していますし、転職者としてもかなりチャンスではないでしょうか?

全く新しい「キャリアをオークションにかけて落札してもらう」やり方は転職産業をかえるかもしれません!

スポンサーリンク

まとめ

気持ちがわからないと言われることは、あなた自身にも原因があるということを理解して頂けたでしょうか?

上司や部下の気持ちを理解して初めてあなたの気持ちをわかってくれる・・・

何かを望んでいるのなら相手の望んでいることをまずは理解しましょう
そうすれば、おのずと気持ちを理解してくれる上司や部下だということに気がつくようになります。

コメント