上司に好かれるコツ・方法と部下の特徴。高評価に繋がる?

スポンサーリンク

部下は上司に好かれてこそ昇給や出世がしやすくなるものです。


上司に好かれて『評価が良くなったり、優遇されたり、期待されたり、働きやすくなったり』と基本的にいいことばかりが『上司に好かれる』メリットといってもいいでしょう。


ですが部下全員が上司に好かれるわけではなく、好かれようとする行為が苦手な部下もいます。


今回は「どうすれば部下は上司に好かれるのか?」「上司に好かれる部下はどのような人物なのか?」を解説していきます。


スポンサーリンク

上司に好かれる部下の特徴

上司に好かれる部下はどこの会社にも必ずいるものです。


上司に好かれる部下は昇給や出世も早く羨ましがられますが、
意外にそのような部下は上司に好かれる行動を自然にしているものです。


上司に好かれる部下の特徴 ① 上司を常に観察している

上司に好かれる部下は常に上司を観察しています。


四六時中ではないですが、関わる機会があれば上司を観察し「上司に今、何が必要なのか?」「上司は何を考えているのか?」を察して痒いところに手が届くような部下になります。


基本的には上司は部下を管理するものですが、部下が上司の助けになることは上司にとって頼りがいがあり好かれる要因というわけです。


上司をよく観察している部下は教育係にも向いていてより上司を手助けしてくれるのも特徴です。


上司に好かれる部下の特徴 ② 先のことを予測している

上司に対しての先のことはもちろん、会社全体に対しての先を読んだ行動が上司に好かれるポイントです。


先を見越しての行動は上司だけでなく、部下や会社全体、そして取り引き先にまで影響を与えてくれるので上司に好かれることは当たり前になります。


上司のやるべき仕事の一部でも部下のあなたが肩代わりできるようになればなるほど上司に好かれる・頼られる特徴になることは間違いありません。


上司に好かれる部下の特徴 ③ 常に笑顔で裏表なく素直

上司が望む部下の理想像は『明るく』『裏表がない性格』『素直』になります。


この理想像に近い部下であればあるほど上司に気に入られる部下と言えるでしょう。


辛いことシンドイことがあっても表面には出さず、もくもくと仕事を頑張る部下の姿は上司にとって愛おしい存在になるものです。


そんな部下を見捨てたり、ないがしろにする訳がありません・・・笑顔で裏表がなく素直な部下は上司から好かれる存在になり昇給や出世もはやくなります。


スポンサーリンク

部下が上司に好かれるコツ・方法とは?

部下が上司に好かれるコツと方法は意外に簡単でまとめると『上司のことを考える』という結論になります。


どんな上司でも人間です。



気持ちに刺さるような考えや行動は上司に好かれる一番のコツ・方法と言えるでしょう。


上司に好かれるには仕事に対しての気持ちをわかってもらうことがかなり大切です👇



上司を徹底的にリサーチする

上司に好かれるコツの1つに『上司を徹底的にリサーチする』があります。


言葉は悪いですが、『敵を倒したければ敵を知ること』ということです。


上司に気に入られるには上司の特徴を知ることが最優先です。


性格・考え・行動・プライベートなどなど、ありとあらゆる情報をリサーチすることで上司が喜んでくれることが見えてくるものですし、もし望んでいることを的確にできたなら上司は最高の笑顔で感謝してくるでしょう。


ここまでくると上司に好かれている部下になったといっていいでしょう。


裏表のない素直に仕事をしている姿をアピールする

上司は部下の必死に頑張っている姿が好きなことが多いです。


例えば高校球児が甲子園を目指して練習を重ね、暑いなか試合に勝とうと目標に向かっている姿は誰もが感動するものです。


それと同じで上司が心打たれるような仕事を毎日することが上司に好かれるコツになります。


上司自身も昔の自分の姿を思い出し、「あぁゆう時はこぅしてほしかった」など昔の自分の姿を重ね、部下をフォローしたくなるものなので、積極的に仕事に取り組みましょう。


仕事に責任感をもつ

部下が仕事に責任感をもつことは上司にとって効率よく仕事ができるポイントです。


もし責任感のある部下ばかりなら上司は上司にしかできないような仕事に力を注げますし、これからも仕事を任せてくれることは間違いないでしょう。


1つ1つの仕事に部下が責任感を持つことは上司に好かれるコツです。


あなたの部下の育成をしっかりする

あなたの部下の育成をしっかりしてあげることは上司に好かれるポイントです。


上記にも書いた通り、もしあなたが責任感のある部下ならその仕事を丸々あなたの部下の育成に利用しましょう。


そうすることで責任感のある部下がたくさんでき、上司の肩の荷を下ろすことができるので信頼に繋がります。


上司は末端の部下にまで教育がなかなかできないものなので仕事経験をある程度積んだあなたが育成することが1番望ましいやり方になります。


スポンサーリンク

上司に好かれるコツと方法を知ると部下の評価は上がる?

上司に好かれるコツと方法を知ると上司からの評価は上がるのか?


答えは『上がります』


上司は仕事のできる部下より好いている部下を可愛がりたいと思うものですし、そんな部下だからこそ昇給や出世をさせて、ずっと一緒に働きたいと感じています。


上司も人です。


仕事はできても愛想のない部下より多少、仕事ができなくても愛想が良くて上司のことや同僚に気を使える部下を必ず選ぶものです。


これは昇給や出世には欠かせないポイントなので忘れないようにしましょう。


スポンサーリンク

上司からの部下への評価は好かれなくても上がる

逆に部下が上司に好かれていなくても評価が上がる方法があります。


それは『業績をあげる』ことです。


ただし先程『上司に好かれるコツと方法を知ると部下の評価は上がる?』でお伝えしたような部下には負けるでしょう。


「業績!業績!」と言いながらも上司は人間性を見ているので結果だけが全てではないということです。


あなたがどちらの方法で上司に好かれるかはわかりませんが、評価する側の気持ちをわかろうとしない限り必ず壁にぶち当たるので気をつけてください。


スポンサーリンク

上司に好かれる部下はコツと方法をうまく使っている

同じように働いていても、上司に好かれる人・好かれない人は必ずいます。


何も考えず自分のことだけを優先している人は自然と上司に好かれていないことに気がついているものです。


逆に上司をリサーチし、先を読み、裏表のない素直な人は自然と上司に好かれているものです。


この上司に好かれるコツと方法を自然にだせている部下が職場の中心人物になるものなので、「昇給や出世がしたい」と思っているならそんな同僚をリサーチしてみましょう。


そうするとあなたと上司に好かれる同僚の差はなんなのかがわかってきます。
上司に好かれることは仕事を楽しくする1つの方法でもあるので意識していきましょう。


スポンサーリンク

上司に好かれるどころか嫌われて出世できないなら転職を

もし上司に好かれるどころか嫌われてしまったのなら転職をオススメします。


とはいえ、1度上司に仕事の相談をしてみて上司の答えによって選択肢をかえてもいいかもしれません👇



昇給や出世というのは上司のさじ加減といってもいいでしょう・・・すでに立場の悪い状況なら先を見越して環境を変えるべきです。

doda(デューダ)で転職にチャレンジ!特徴/評判/口コミを徹底検証!!

キャリオクの評判/口コミ/料金/仕組みのまとめ【西野CM出演】



スポンサーリンク

上司に好かれるコツ・方法についてのまとめ

ここまで上司に好かれるコツと方法について解説してきましたが、答えは意外に簡単ではなかったでしょうか?

  • 上司に必要なものはなにか?
  • 職場の雰囲気をよくするにはどうすればいいのか?
  • 全体の業績を上げるにはどうすればいいのか?
  • 責任ある部下を育てるにどうすればいいのか?



上記のような事を考え、上司や会社に貢献し続ければ上司に好かれて評価が上がることは間違いありません。


是非、試してみてください。

コメント