職場に馴染めない人の特徴と馴染むための方法とは?

スポンサーリンク

就職・転職をして新しい職場に勤めるようになったものの、一向に職場に馴染めない・・・



なんてことありませんか?入社した職場での人付き合いは面倒くさいし、思ったようにいかないものです。


こんな状態でこの先長く勤めていけるのか?もし転職しようとしてもすぐに次の就職先が見つかるのか不安ですよね?


この記事では職場に馴染めない人の特徴と職場に馴染む方法を解説していきます。
せっかく就職したのだから、職場で気を使わないで、社内の雰囲気に馴染めるように参考にしてください。


職場に馴染むにはあなたの気持ちを上司や部下にわかってもらうことも大切です。
上司や部下に「気持ちがわからない」と言われる前に対処しておきましょう。

職場に馴染めなくて「辛い」ほどなら転職がオススメです。




スポンサーリンク

職場に馴染めない人の特徴

職場に馴染めない人には特有の特徴があります。

まとめてしまうと『コミュ障』なのですが、対人関係が苦手なら苦手で自分の特徴を知ることで解決策がみえてくるものです。


職場に馴染めない人の特徴 ① 人と話すのが苦手な人

まず1つ目に「人と話すのが苦手な人」です。


これの一番の問題点は「何を話していいかわからない」ということがポイントです。



話しが得意な人なら気にせず何でも話題にするのですが、話しが苦手な人は「こんなことを話しても仕方がない」「相手は興味ないだろう」と自分の中で話すまえから結論づけて実行に映さないのが残念です・・・



相手が何に興味があって何に興味がないのかは話してみないとわからないこと・・・
そして自分から話さないと距離が縮まらないことを知っているのに自信がもてないこと・・・


総合すると「自分に自信がない」ということになります。

人と話すのが苦手な人の対処法

プライベートのことなどを話したところで話しが噛み合わない可能性が高いので共通している話題をネタにしましょう。


それは『仕事の内容』です。


今、一緒に働いていて職場に馴染みたいのであれば仕事の質問や問題点・仕事仲間の情報を教えてもらうことが1番間違いがないやり方でしょう。


仕事にたいしての意識を知ってもらうことができますし、仕事仲間への話しかけるキッカケになる情報をしることができるので、自信をもって他の社員にも接することができるはずです。


それに会話というものは経験で慣れてくるものですし、いずれ「話したい」というような感情が芽生えてくることがあるので、まずは共通の話題から始めてみましょう。


職場に馴染めない人の特徴 ② 空気が読めない

場面場面での適切な行動や発言ができない人のことをいいます。


真剣に話しをしている場面や気を抜いて和気あいあいとしている場面で空気を壊すような行動や発言をしてしまう・・・1.2回なら特に何も思われずスルーされるかもしれません。


ですが「空気を読めない人」は同じ過ちをなんどもしてしまうのが特徴です。


もしあなたが部下で空気を読めない人なら商談を悪い方向にしてしまったり、逆に楽しい場をピリついた場にしてしまうこともあります。


空気を読めない人とは自分の評価を自分で下げてしまう残念な特徴の人になります。

空気が読めない人の対処法

空気が読めない人は先を読むことを心がけましょう。


空気を読めない人は自分の欲求を抑えられない傾向にあります・・・なら、これを言えばああなる、あれを言えばこうなる、と先読みすることが大切です。


人のことを考えることは大切、ですが自分をコントロールすることができないと、結局空気を壊してしまうので自分を理解することを第一に考えましょう。


職場に馴染めない人の特徴 ③ 人に興味がない

人に興味がないとコミュニケーションをとることをしません。


なぜなら自分にしか、自分の興味のあることしか行動を示さないからです。


人に興味がない人は酷い場合、家族・親族にも興味がなく、最終的には恋人にも興味を示さなくなるものです。


仕事やプライベートでも上手く楽しく過ごしていくには人気関係は必須で、出世や昇給にもつながる大切な項目なので何か目的や目標があるのなら周りをしっかり見ていきましょう

人に興味がない人の対処法

人に興味がない人は自己中心的な傾向にあるので、giveをしまくることが大切です。


人に与えることだけを考えましょう。


それにはお金がなくなりますし、あなたの時間もなくなるでしょう・・・ですがそれに見合った報酬(人からの好印象)は獲得できます。


これはのちのち大きなメリットになって返ってくることは間違いありませんし、人に興味をもつキッカケになります。


「人に興味をもつとこんなにメリットがあるんだ」と感じることができたなら継続したいと感じるはずです。

職場に馴染めない人の特徴 ④ 上司や部下を認めようとしない

自分の考えや行動が正しいと感じていて、むしろ上司や部下を下に見ている人の典型です。


下に見ているからこそ、馴染む必要がないと感じて話そうとせず、基本1人で過ごすことが当たり前になっています。


上司や部下を認めるということにたいして「負けた」「下になった」などと感じてしまい、曲げない頑固な気持ちが強いタイプです。上司や部下を認めない人のは意外に頭がよく、どうすれば職場に馴染めるのかを知っています。


ですが「認めない」というムダな考えが職場に馴染めなくさせている原因といえます。

上司や部下を認めない人の対処法

1番手っ取り早いのは仕事での業績で負けること。


プライベートや交友関係で差を感じさせても気持ちは変わりません・・・なぜなら「人との付き合いをどうでもいい」と感じているからです。


ですが数字は別です。仕事での業績関係は完全に実力の差なので、言い訳ができない要因の1つ、こればかりは認めざる終えません・・・


業績の差は人付き合いと上司や部下を認めることに大きく繋がっていることを気付かせることが大切です。

職場に馴染めない人の特徴 ⑤ 会社に期待していない・転職できると感じている

今の時代、転職は簡単です。
それはどこもかしこも人材不足だからです。


それに大手ではない限り会社に期待をしていないのが現状でスキルが身につけば転職できると考えているのが職場に馴染めない原因の1つです。


転職サイトや転職エージェントが簡単に転職先を見つけてくれることは逆効果になっているということです。

会社に期待していない・転職できると感じている人の対処法

対処法としては、スキルなどは関係なく人との繋がりが今後を左右することを理解させるのが1番です。

もし転職したとして、今勤めている会社が取り引きになる可能性はゼロではありません。


先のこと、可能性を考えさせ会社への期待や転職に意識を持たせるのではなく、今どうすればもっとよくなるかを考えさせることが大切です。

スポンサーリンク

職場に馴染めないのは上司や部下(人間関係)も問題です

職場に馴染めないのは特徴のある上司や部下にも問題があります。
そんな問題の根源を対処しておけるようにしておきましょう。


スポンサーリンク

職場に馴染むための方法

考えなしに職場に馴染むのは難しいです。


昔からなぜかすぐに場に馴染む人がいると思いますがそのような人は育ってきた環境に常に人がいたのでしょう。


それとは逆の場合、考える必要があり、馴染んでいる人のマネをしたところでなにも結果はでません・・・職場に馴染むための方法を知りストレスのない毎日を送りましょう


上司や部下の考えを理解する

上司や部下がなにを考えているのか?そしてその考えに協力してあげることです。


協力してあげることはあなたの時間がなくなることだけでなく、やりたいことを犠牲にしないとできません。


上司や部下の考えを理解することは多少のストレスになるかもしれませんが職場に馴染むには必ず必要なことです。


仕事をがむしゃらに頑張る

仕事をがむしゃらに頑張ることで多少は業績がアップする可能性があります。


そして、その姿を見てくれている上司や部下からの評価も上がり、信頼にも繋がるキッカケになります。


1人の社員が仕事を頑張ることで、社内に活気が出て、雰囲気がよくなり全体が上がる・・・これはどこの企業でも当たり前にあることなので、知らず知らずのうちに職場に馴染む方法です。


徹底的に上司や同僚に尽くす

これは上司へのフォローや部下への育成に繋がるのですが、人へ恩を与えると好印象が残るものです。


恩を与えれくれたのだから返さなければという思いをこちらが作ることで職場に馴染むキッカケになります。

スポンサーリンク

どうしても馴染めない職場なら転職を考える

上司や部下との距離を縮めて職場に馴染もうをしてもうまくいかない人もかなりいると思います。「人間関係が苦手・どうしても心を開いて会話ができない」など悩みは様々です・・・


そんな人は職場に馴染めるように努力しながら転職サイトやエージェントに登録しておきましょう。


なんでも保険は必要ですし、不安要素はないに越したことはありません。

「今の環境を変えたい・スキルアップしたい」と少しでも考えているのなら転職エージェントや転職サイトに登録することをオススメします。

 

ハローワークよりも親身になって相談にのってくれますし、大手の転職エージェントだと企業とのパイプが強みになり、未公開の求人数が豊富に揃っています。

 

それぞれに担当の転職エージェントがつくことで転職先が早く見つかることは確かです。数ある大手転職エージェント・転職サイトのなかで評判・口コミが良い2社をご紹介します。

 

今回、ご紹介する転職エージェント・転職サイトはどこにも負けない求人数とサポート体制をもっているので任せて安心ですし、転職の考え方が180度変わります!!

 

転職者満足度NO.1   doda (転職エージェント)

公式サイト
転職成功の秘訣は【非公開求人】にあった!/DODAエージェントサービス

 

dodaといえばテレビなどで流れるほど転職業界では大手の転職エージェントサービスになり、100,000件もの求人があるといわれています。

dodaの特徴としては大きく分けて3つあります👇

・あなた専任のキャリアアドバイザーが、10万件以上の求人からあなたにぴったりのシゴトをご紹介してくれる

・doda限定求人やサイトには掲載していない非公開求人なども多数用意しくれている

・職種、年齢、経験を問わず、さまざまな人に対応してくれて希望の職種を紹介してくれる

 

>>>doda(デューダ)で転職にチャレンジ!特徴/評判/口コミを徹底検証!!

 

登録さえすればカウンセリングから内定入社までしっかりサポートしてくれると安心して転職活動ができますよね?

もし転職活動に時間が取れない方でもあなたに興味をもった企業から直接オファーが届くサービスをしてくれるので、仕事をしている時も勝手に転職活動ができているというわけです!

 

全く新しい転職のやり方【キャリオク】

キンコンの西野さんがCMにでている今、話題の転職サイトです。

>>>キャリオクの公式サイトはこちら

 

転職のやり方は2つ

1、企業の求人をみてあなた自身が選んで面接に行く

2、あなたのキャリア(経験)をオークションにかけて企業からオファーをもらう

 

>>>キャリオクの評判/口コミ/料金/仕組みのまとめ【西野CM出演】

 

これからの時代、一方的にあなたが転職先を探すのではなく企業側も人材を探してオファーする時代になってきました。

 

自分自身を過小評価して先のない会社に転職するくらいならオークションを開催して企業側からのオファーを期待するのも大いにアリだと思います!


昔とは違い、企業にとっても雇われる側の権利が強くなってきている時代です。
人材不足に悩んでいる企業はとても多く、人材派遣に頼り・求人サイトや情報誌に何十万円というお金を投じてやっと1人の人材が獲得できる・・・そんな時代です・・・


そんな中、人材オークションが開催されることは企業側からするとかなりのコスパで人材が選べることはメリットでしかありません!

企業は人材を常に欲していますし、転職者としてもかなりチャンスではないでしょうか?

全く新しい「キャリアをオークションにかけて落札してもらう」やり方は転職産業をかえるかもしれません!

スポンサーリンク

職場に馴染めない人の特徴と馴染む為の方法のまとめ

職場に馴染めない人が馴染む方法のまとめとしては「give」するということです。


上司や部下に何かメリットになることを提供し続けることで恩ができその恩をかえしてもらうこいで上司と部下との間に繋がりができ、職場に馴染むキッカケになります


入社して間もなくは、どちらかというと仕事を教えてもらう立場なので与えてもらうことが当たり前になりやすいですが、それも恩を返すという意味でメリットのあることを提供していきましょう。


この繰り返しで数ヶ月後には仕事にも慣れ、職場に馴染めているようになっているはずです。

コメント